さくら音頭 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for さくら音頭.

さくら音頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

さくら音頭』(さくらおんど)は、1934年(昭和9年)発売の日本の流行歌、および同作を主題歌とした4社競作による同年の日本の映画である[1]

略歴・概要

1934年2月にビクター、3月にテイチク、4月にコロムビア、5月にポリドールが競作で発売した。これらは同一楽曲ではなく、各レコード会社により作詞と作曲が異なる。

吹き込み歌手

映画

同年、ピー・シー・エル映画製作所(P.C.L.、現在の東宝スタジオ)、日活太秦撮影所新興キネマ大都映画松竹蒲田撮影所が競作し、同年3月8日にP.C.L.版と大都版、3月14日に新興版、3月22日に日活版、4月15日に松竹版が封切られた[1]。P.C.L.版と日活版と松竹版はトーキーであったが、新興版と大都版は、サイレント映画であった。

第二次世界大戦後、1947年(昭和22年)3月25日、渡辺邦男がセルフリメイクし、長谷川一夫を主演に下記の映画を監督、公開された[2]

  • 『さくら音頭 今日は踊って』 : 監督・脚本渡辺邦男、共同脚本岸松雄、撮影友成達雄、主演長谷川一夫、製作新東宝映画製作所(のちの新東宝)、配給東宝

  1. ^ a b 1934年 公開作品一覧 448作品日本映画データベース、2010年7月21日閲覧。
  2. ^ さくら音頭 今日は踊って、日本映画データベース、2010年7月21日閲覧。
この項目は、楽曲に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:音楽/PJ 楽曲)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
さくら音頭
Listen to this article