アップルハウス - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for アップルハウス.

アップルハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2016年8月) 独立記事作成の目安を満たしていないおそれがあります。(2016年8月)
アップルハウス
Apple House
ジャンル 音楽番組
演出 浅見則夫
出演者 加藤和彦
竹内まりや
製作
プロデューサー 石田弘
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域
日本
放送期間 1980年10月4日 - 1981年3月28日
放送時間 土曜 19:30 - 20:00
放送分 30分
テンプレートを表示

アップルハウス』は、1980年10月4日から1981年3月28日までフジテレビ系列局(一部の系列局を除く)で放送されていたフジテレビ製作の音楽番組である。ハウス食品工業(現・ハウス食品)の一社提供。放送時間は毎週土曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)。

概要

フジテレビは1974年放送開始の『オールスター90分』以来6年間この時間帯に編成していた84分枠を廃し、19:30からの30分枠と20:00からの54分枠とに分割して置き換えた。その30分枠の第1弾の番組としてスタートしたのがこのアップルハウスである(54分枠の方では『ピーマン白書』がスタート)。

司会は、音楽家の加藤和彦とシンガーソングライターの竹内まりやが務めていた。番組の構成は秋元康が担当していた。同局のプライムタイムでは既に『夜のヒットスタジオ』、『ミュージックフェア』と2本の音楽番組が放送されていたが、番組はこれらとの差別化を図るべく、収録は公開録画とし、出演者も若者に人気のあるロックニューミュージック系のアーティストを中心に据えていた。また、時には出演歌手が司会の加藤や竹内とセッションを行うこともあった。

後日談

本番組の映像はフジテレビにも残っておらず、竹内が自宅で録画した映像(VHSビデオテープの映像を夫の山下達郎HDDにダビングしておいたもの)を提供、『ミュージックフェア』に竹内がゲスト出演した際に紹介された(2019年8月17日放送分)。

放送局

この節の加筆が望まれています。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『北國新聞』1981年3月28日付朝刊テレビ欄より。


フジテレビ系列 土曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
土曜ナナハン学園危機一髪
(1980年4月12日 - 1980年9月27日)
※19:30 - 20:54
アップルハウス
(1980年10月4日 - 1981年3月28日)
フーセンのドラ太郎
(1981年4月11日 - 1981年8月1日)
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
アップルハウス
Listen to this article