アラン・ロングミュアー - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for アラン・ロングミュアー.

アラン・ロングミュアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アラン・ロングミュアー
出生名 Alan Longmuir
生誕 (1948-06-20) 1948年6月20日
スコットランド エディンバラ
死没 2018年7月2日(2018-07-02)(70歳)
スコットランド ラーバート
ジャンル ロックポップ
職業 ミュージシャン
担当楽器 ベース
活動期間 1970年2018年

アラン・ロングミュアー(Alan Longmuir、1948年6月20日 - 2018年7月2日)は、スコットランド人ミュージシャンで、1970年代ポップ・グループ、ベイ・シティ・ローラーズの創設メンバーのひとり。ベイ・シティ・ローラーズではベースを担当し、弟のデレク・ロングミュアー英語版がドラマーだった[1]

生涯

ロングミュアーは、エディンバラのシンプソン記念産科別棟病院 (Simpson Memorial Maternity Pavilion Hospital) で生まれた。父は葬儀屋英語版だった。音楽一家に育ったロングミュアーは、17歳で自身最初のバンドを、弟のデレクと、他の2人のメンバーとともに結成した。このバンドは、名前やメンバーのラインナップを変えながら、やがてベイ・シティ・ローラーズとなった[1]。バンドで成功するまで、彼は配管工として働いていた[2]

1976年2月14日、アムステルダム・スキポール空港で撮影されたベイ・シティ・ローラーズ。向かって右端が、アラン・ロングミュアー。
1976年2月14日、アムステルダム・スキポール空港で撮影されたベイ・シティ・ローラーズ。向かって右端が、アラン・ロングミュアー。

1976年ベイ・シティ・ローラーズの人気が最高潮に達した時期に、アラン・ロングミュアーはバンドを脱退し、代わって10歳年下のリズム・ギタリストイアン・ミッチェル英語版がメンバーとなったが、ミッチェルもほどなくして脱退し、代わってパット・マッグリンが加入した。当時、バンドのマネージャーだったタム・ペイトン英語版は、ロングミュアーが自殺を図ったと述べた。しかし、ペイトン自身の不適切な振る舞いが、バンドのメンバーの一部の不興を買っていたことが後に明らかにされた[1][3]

1978年にマッグリンが脱退すると、ロングミュアーはバンドに復帰し、その後はベースリズムギターキーボードを曲によって持ち替えながら演奏した。彼はまた、鍵盤アコーディオンの演奏もこなした[4]

1981年にはドイツの劇映画Burning Rubber』に出演したが、俳優としてのキャリアは拓けなかった[5]

ロングミュアーは2度結婚しており、最初の妻ジャン・ロングミュアーとは1985年から離婚する1990年まで一緒で、ひとり息子ジョーダン (Jordan) をもうけた[6]。2度目の結婚相手アイリーン・ランキン (Eileen Rankin) とは、1998年から死去するまで一緒で、ふたりの息子たちをもうけた[7]2016年には、アイリーンが、バンドの再結成コンサートにおける夫であるアラン・ロングミュアーの演奏を批判した別のバンド・メンバーの妻を相手に、舞台裏で喧嘩沙汰になったと報じられた[8]

クラックマナンシャードラー英語版でキャッスル・キャンベル・ホテル (Castle Campbell Hotel) のオーナーに収まっていた頃、ロングミュアーは心筋梗塞で2度、脳卒中で1度倒れたが[7]2000年には、建築検査英語版員としての再教育を受けることを決意した[9]

ロングミュアーは、2018年7月2日に、スコットランドラーバート英語版にあるフォース・バレー王立病院英語版で、休暇で訪れたメキシコで感染した病気のために死去したが、これはカンクンのガレニア病院 (Hospital Galenia) で入院し、退院して帰国した上でのことであった。70歳であった[10][11]

脚注

  1. ^ a b c Obituary - Alan Longmuir, bass player with the Bay City Rollers”. Herald Scotland. 2018年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月2日閲覧。
  2. ^ Diane King (2018年7月2日). “Alan Longmuir family issue heartfelt statement after star’s death”. Edinburgh News. 2018年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月28日閲覧。
  3. ^ Pierre Perrone (2009年4月11日). “Tam Paton: Disgraced former manager of the Bay City Rollers”. The Independent. 2018年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月2日閲覧。
  4. ^ Hal Erickson (1 September 1998). Sid and Marty Krofft: A Critical Study of Saturday Morning Children's Television, 1969-1993. McFarland. pp. 200–. ISBN 978-0-7864-3093-2. https://books.google.com/books?id=VMQ6d3yNc5IC&pg=PA200. 
  5. ^ Burning Rubber - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  6. ^ Alan Longmuir obituary”. The Times (2018年7月3日). 2018年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月28日閲覧。
  7. ^ a b Liam Rudden (2018年7月2日). “Bay City Roller Alan Longmuir obituary: From Gorgie tenement to superstardom”. The Scotsman Edinburgh News. 2018年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月28日閲覧。
  8. ^ Bay City Rollers wives in ‘backstage bust-up’”. Access All Areas Edinburgh (2016年7月12日). 2018年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月3日閲覧。
  9. ^ Stephen Naysmith. “Tributes paid after ‘original’ Bay City Roller Alan Longmuir dies from mystery bug”. Herald Scotland. 2018年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月3日閲覧。
  10. ^ “Bay City Rollers bassist Alan Longmuir dies aged 70”. The Independent. オリジナルの2018年7月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180702135007/https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/music/news/alan-longmuir-dead-bay-city-rollers-bassist-edinburgh-mexico-tributes-a8426271.html 2018年7月2日閲覧。 
  11. ^ Alan Longmuir, 70: Founding member of the Bay City Rollers, who made 70s hits”. The Washington Post. 2018年7月7日閲覧。

参考文献

外部リンク

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
アラン・ロングミュアー
Listen to this article