アロウズ・A1 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for アロウズ・A1.

アロウズ・A1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アロウズ・A1
リカルド・パトレーゼのドライブするアロウズ・A1、
1979年イモラにて
カテゴリー F1
コンストラクター
アロウズ
デザイナー トニー・サウスゲート, デイヴ・ウォス
先代 アロウズ・FA1
後継 アロウズ・A2
主要諸元
シャシー アルミニウムモノコック
エンジン フォード-コスワース DFV 3.0リッター, 470馬力, V8, NA,
トランスミッション ヒューランド FGA 400, 前進5速 + 後進1速, MT
重量 589kg
燃料 バルボリン
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ヴァルシュタイナー・アロウズ・レーシングチーム
アロウズ・レーシングチーム
ドライバー
リカルド・パトレーゼ
ロルフ・シュトメレン
ヨッヘン・マス
初戦
1978年オーストリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
13000
テンプレートを表示

アロウズ・A1は、トニー・サウスゲート、デイブ・ウォスが設計したフォーミュラ1カーで、1978年から1979年にかけてアロウズチームによって使用された。

概要

この節の加筆が望まれています。

1978年用に開発されたFA1が、サウスゲートの所属していたシャドウの新型マシン、DN9と酷似していたためシャドウ側から訴訟を起こされ、敗訴を見越して開発されたのがA1である[1]。開発に約50日をかけ、完成が敗訴から3日後[2]という短期間だったため、形状は細部が修正されたほかはFA1とほぼ同じである[2]。異なる所はサイドポンツーンの側面にスカートが設けられ、気流を通すためにスカート内側の底面が持ち上げられている[2]所と、フロントノーズのオイルクーラー吸気口が2つに分かれた[3]点である。

スペック

F1における全成績

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1978年 アロウズ・レーシングチーム フォード コスワース・DFV G ARG
BRA
RSA
USW
MON
BEL
ESP
SWE
FRA
GBR
GER
AUT
NED
ITA
USA
CAN
11* 10位
リカルド・パトレーゼ
Ret Ret Ret EX 4
ロルフ・シュトメレン
DNPQ DNPQ DNPQ 16 DNPQ
1979年 ヴァルシュタイナー アロウズ・レーシングチーム フォード コスワース・DFV G ARG
BRA
RSA
USW
ESP
BEL
MON
FRA
GBR
GER
AUT
NED
ITA
CAN
USE
5* 9位
リカルド・パトレーゼ
DNS 9 11 Ret 10 5 Ret
ヨッヘン・マス
8 7 12 9 8 Ret 6

1978年

*( 1978年のポイントの内8ポイントはアロウズ・FA1の成績。)

1979年

*( 1979年のポイントの内2ポイントは後継型アロウズ・A2の成績。)

  • コンストラクターズランキング9位。
  • ドライバーズランキング11位(リカルド・パトレーゼ)予選最高位9位1回 決勝最高位5位1回
  • ドライバーズランキング-位(ヨッヘン・マス)予選最高位8位1回 決勝最高位6位3回

脚注

ウィキメディア・コモンズには、アロウズ・A1に関連するカテゴリがあります。
  1. ^ 『GRAND PRIX CAR 名車列伝 Vol.6』 三栄書房、2012年、24 - 25頁。
  2. ^ a b c 大串信「意匠万華鏡 〜愛すべき試行錯誤〜」第19回 FA1 vs. DN9、『GRAND PRIX SPECIALエムオン・エンタテインメント、2012年7月号、91頁。
  3. ^ 『名車列伝』、23頁。
この項目は、モータースポーツに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
アロウズ・A1
Listen to this article