エンサイン・N179 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for エンサイン・N179.

エンサイン・N179

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エンサイン・N179
2017年
カテゴリー F1
コンストラクター エンサイン
デザイナー シャハブ・アーメド
先代 エンサイン・N177
後継 エンサイン・N180
主要諸元
エンジン フォード・コスワースDFV
燃料 バルボリン
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム チーム・エンサイン
ドライバー
デレック・デイリー
パトリック・ガイヤール
マルク・スレール
出走時期 1979
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
通算獲得ポイント 0
初戦 1979年南アフリカGP
出走優勝表彰台ポールFラップ
110000
テンプレートを表示

エンサイン・N179(Ensign N179)は、エンサイン1979年のF1世界選手権用に開発したフォーミュラ1カー

解説

エンサイン初のグラウンド・エフェクト・カーとして開発。外見上の特徴として、車体の前面にラジエターとオイルクーラーが配置されている[1][2]。このレイアウトは前年登場したウルフ・WR5と似ているが、WR5はオイルクーラーのみを配置しており、N179とは異なる[1]。上部にオイルクーラー、下部にラジエターという構成となっていて[2]、冷却を行なった空気はオイルクーラーではサイドに設けられたスリットから、ラジエターは車体下部へ流れる構造となっている[1][3]

南アフリカGPでデビューしたが、オーバーヒートに見舞われる[1]など冷却系統に問題が生じ、次戦アメリカ西GPでラジエターとオイルクーラーがサイドポンツーン内に移され[1]、一般的なグラウンド・エフェクト・カーに準じた外見となった。出走した11戦中、予選落ちは7回を数え、完走はイギリスGPでパトリック・ガイヤールが13位になったのみという結果に終わった。

成績

(key)

タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位
1979 G ARG
BRA
RSA
USW
ESP
BEL
MON
FRA
GBR
GER
AUT
NED
ITA
CAN
USA
0 NC
22
デイリー
DNQ Ret DNQ
22
ガイヤール
DNQ 13 DNQ Ret DNQ
22
スレール
DNQ DNQ Ret
  • DNQは予選不通過。

脚注

  1. ^ a b c d e 『AUTO SPORT YEAR '79/'80』 三栄書房、1980、51頁。
  2. ^ a b GRAND PRIX SPECIAL』 2011年8月号、ソニー・マガジンズ、109頁。
  3. ^ 『オートスポーツ』 1979.5/1号、51頁。

外部リンク

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
エンサイン・N179
Listen to this article