グループウェア - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for グループウェア.

グループウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2021年3月) 古い情報を更新する必要があります。(2021年3月)

グループウェア(Groupware または Collaborative software)とは、企業など組織内のコンピュータネットワークを活用した情報共有のためのアプリケーションソフトウェアである。ネットワークに接続されたコンピュータ(のユーザー)同士で情報の交換や共有、またスケジュール管理等の業務に利用される様々な機能を通じて、業務の効率化を目指したものである。様々な機能が一つのシステムに統合されており、それらが有機的に結合しながらユーザにサービスを提供する。

近年では、インターネットイントラネットの技術向上に伴い、ウェブブラウザ を使用したシステムが主流になっている。このタイプはクライアント側が専用ソフトを必要としないため、ホストのみ設置すれば良く、初期投資が低く抑えられ、クライアントのオペレーティングシステムを選ばないという利点がある。

概要

グループウェアが有する主な機能は以下の通りである。

電子メール機能
電子メールの送受信、読み書きを行える(相手が読んだかどうかも表示される)
電子掲示板(BBS)機能
電子掲示板に書き込むことで、メッセージを交換できる
ライブラリ機能(ドキュメント共有機能)
情報ファイル、仕様書、画像データなどを登録し、メンバー間で共有できる
スケジュール管理機能
個人のスケジュール管理のみでなく、メンバーのスケジュールを共有、確認ができる
会議室予約(設備予約)機能
会議室の空き状況や予約状況、設備貸し出しなどの予約状況を管理できる。主にスケジュール機能と連動している
プロジェクト管理機能
プロジェクトを遂行する上での予定、追跡、可視化を行う
ワークフローシステム(電子決裁)機能
システム内で企画書や報告書などの起案-決裁ができる仕組み

これらはメンバーや組織ごとに利用できる範囲を設定することができる(例:同じ課のメンバーのスケジュールは閲覧できるが、他の課のメンバーのものは閲覧できない。各課から集まったプロジェクトメンバー専用の電子掲示板・ライブラリを設置する。など)。

共同作業のレベル

グループウェアは共同作業のレベルに応じて3つのカテゴリに分けることができる[1][2]

  1. 通信は、組織だっていない情報の交換と考えることができる。電話やインスタントメッセンジャーチャットでの議論は、この一例である。
  2. 会議(または、議論のレベルが学術論文で呼ばれるのと同じようなコラボレーションのレベル)は、共通の目標に向けたインタラクティブな仕事に関係する。ブレインストーミングや投票は、この一例である。
  3. 協調は、共通の目標に向かって、複雑な相互依存を伴う仕事に関係する。これを理解するための良い比喩は、スポーツチームについて考えることである。誰もが適切なタイミングで適切なプレーを貢献するだけでなく、展開状況にプレイを調整しなければならない-しかし、誰もが別の何かをしている-のチームが勝つようにするために。共同管理とは、共通の目標に向かうための、複雑な相互依存を伴う作業である。

実装

電子コミュニケーションツール

電子コミュニケーションツールは、人々の間でメッセージ、ファイル、データ、またはドキュメントを送信することで、情報の共有を促進する。

電子コミュニケーションツールの例:

電子会議ツール

電子会議ツールは、よりインタラクティブな方法で、情報の共有を容易にする。

電子会議ツールの例:

  • インターネットフォーラム(また、メッセージボードやディスカッションボードとも呼ばれる) -オンラインテキストメッセージを容易に管理するための仮想の議論プラットフォーム
  • オンラインチャット -リアルタイムのテキストメッセージを容易に管理するための仮想の議論プラットフォーム
  • インスタントメッセージ
  • テレフォニー - 電話は、ユーザーが相互作用することを可能にする
  • ビデオ会議 -ネットワーク接続されたPCの共有ビデオ信号とオーディオ信号を使って会議を行う。
  • データ会議英語版 -ネットワーク接続されたPCは、一般的な共有ホワイトボードを各ユーザーが変更できる
  • アプリケーション共有英語版 / デスクトップ共有英語版 -ユーザは、リアルタイムで同時に、それぞれのコンピュータから共有ドキュメントまたはアプリケーションにアクセスすることができる
  • 電子会議システム英語版(EMS) -もともとこれらは「電子会議システム」と記載し、それらを会議室に組み込まれていました。これらの特別目的の客室には、通常、多数のPCと相互リンクビデオプロジェクターを含んでいた。しかしながら、電子会議システムは、ウェブベースの、いつでも、いくつかの場所に分散させることができる会議参加者「分散」収容する任意の場所システムに進化してきた。

共同管理(コーディネーション)ツール

共同管理ツールを使って管理することで、グループ活動を容易にする。

共同管理ツールの例:

  • 電子カレンダー(とも呼ばれる時間管理ソフトウェア) -スケジュールイベントと自動的に通知し、グループメンバーにスケジュールを思い出させる。
  • プロジェクト管理システム-プロジェクトのスケジュールを追跡し、それが完了したときに、プロジェクトの各ステップをグラフ化する
  • オンライン校正英語版 -デザイナー、顧客、クライアントとの間で、アートワーク、写真、ビデオを共有、校正、承認、差し戻しする
  • ワークフローシステム -知識ベースのビジネス·プロセス内のタスクやドキュメントの共同管理
  • 知識管理システム英語版 -さまざまな形態の情報を収集、整理、管理、共有する
  • エンタープライズブックマーク英語版 -企業データに共同でブックマークをつけ、整理、共有し、検索するしくみ
  • 予測市場 -人々のグループが一緒に将来の出来事の結果を予測する
  • エクストラネットシステム(時には「プロジェクト·エクストラネット」として知られている) - (例:建物の建設を)プロジェクトの成果物に関連する情報を収集、整理、管理、共有
  • ソーシャルソフトウェア英語版 -グループの社会的関係の構築
  • オンラインスプレッドシート -構造化データと情報を共有し、共同作業を行う
  • クライアントポータル英語版 -対話と専用オンライン環境でのクライアントと共有

関連項目

類似の用語[編集]

  • コンピュータ支援協調作業英語版
  • 統合コラボレーション環境英語版

グループウェアに類似したシステム[編集]

関連する応用分野[編集]

その他の関係用語[編集]

グループウェアの一覧[編集]

脚注

  1. ^ Groupware - Communication, Collaboration and Coordination”. Lotus Development Corporation (1995年). 2011年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月19日閲覧。
  2. ^ Casalino N., Draoli M. (2009), “Governance and Organizational Aspects of an Experimental Groupware in the Italian Public Administration to Support Multi-Institutional Partnerships”, in Information Systems: People, Organizations, Institutions, and Trchnologies, D’Atri A., Saccà D. (Eds.), Physica-Verlag, Springer, Heidelberg, Germany, pp. 81-89, 978-3-7908-2147-5, doi 10.1007/978-3-7908-2148-2_11
この項目は、コンピュータに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(PJ:コンピュータ/P:コンピュータ)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
グループウェア
Listen to this article