コロンバス・ソロンズ - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for コロンバス・ソロンズ.

コロンバス・ソロンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コロンバス・ソロンズColumbus Solons)は、1889年から1891年にかけて、オハイオ州コロンバスを本拠地としてアメリカン・アソシエーションに加盟していたプロ野球チーム。

球団史

1889年のアメリカン・アソシエーションの参加球団拡張にあわせて設立された。1年目はブルックリンから移籍したデーブ・オルが攻撃の要となったが投手陣が安定せず、シカゴから移籍したマーク・ボールドウィンがリーグ最多の63試合に登板してリーグ最多奪三振を記録する一方、敗戦、暴投、与四球、自責点などいずれの部門でもリーグ最多を記録した。

2年目の1890年、チームはプレイヤーズ・リーグ創設の混乱の中で勝ち星を伸ばす。前年活躍したデーブ・オルはプレイヤーズ・リーグに移ってしまったが、攻撃陣ではこの年デビューしたスパッド・ジョンソンがリーグ最多の113打点、ジム・マクタマニーが140得点を挙げる活躍をし、投手ではハンク・ガストライトが30勝を記録するなど、チームはリーグ2位まで躍進した。

しかし翌1891年、プレイヤーズ・リーグの選手達が戻ってくるとチームの勝ち星は伸び悩み、運営も苦しくなったためか同年7月以降選手を次々と放出するようになっていった。結局この年は6位に終わり、シーズン終了後にリーグ解体にあわせて球団も解散した。

戦績

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1889年 AA 140 60 78 .435 6位 アル・バッケンバーガー Recreation Park II
1890年 140 79 55 .590 2位 アル・バッケンバーガー
パット・サリバン
ガス・シュメルツ
1891年 138 61 76 .445 6位 ガス・シュメルツ

所属した主な選手

  • ハンク・ガストライト:通算72勝63敗。1890年に30勝14敗の成績を挙げた。
  • マーク・ボールドウィン:投手。1889年にリーグ最多奪三振。
  • ジム・マクタマニー:外野手。1890年にリーグ最多得点を記録。
  • スパッド・ジョンソン:外野手。1890年に打率.346、リーグ最多の113打点を挙げた。
  • デーブ・オル:一塁手。1889年に打率.327を記録した。

主な球団記録

打撃記録
  • 通算安打数:342(ジム・マクタマニー)
  • 通算本塁打:10(チャーリー・ダフィー)
  • 通算打点数:192(スパッド・ジョンソン)
  • 通算得点数:312(ジム・マクタマニー)
  • 通算盗塁数:117(ジャック・クルックス)
投手記録
  • 通算勝利数:52(ハンク・ガストライト)
  • 通算奪三振:423(ハンク・ガストライト)

出典・外部リンク

この項目は、メジャーリーグベースボール(MLB)に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:野球 / Portal:野球)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
コロンバス・ソロンズ
Listen to this article