ジョーダン・193 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for ジョーダン・193.

ジョーダン・193

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジョーダン・193
カテゴリー F1
コンストラクター ジョーダン
デザイナー ゲイリー・アンダーソン
アンドリュー・グリーン
先代 ジョーダン・192
後継 ジョーダン・194
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン ハート・1035, 3,499 cc (213.5 cu in), V10, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ジョーダン / エクストラック製 6速 セミAT
燃料 サソル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム サソル・ジョーダン
ドライバー 14.
ルーベンス・バリチェロ
15.
イヴァン・カペリ
15.
ティエリー・ブーツェン
15.
マルコ・アピチェラ
15.
エマニュエル・ナスペッティ
15.
エディ・アーバイン
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1993年南アフリカグランプリ
出走優勝ポールFラップ
16000
テンプレートを表示

ジョーダン・193 (Jordan 193) は、ジョーダン・グランプリ1993年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。設計者はゲイリー・アンダーソンとジョーダン・デザインチーム。1993年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。

193

前年型192を正常進化させたマシン。191をベースにした192とは打って変わり、アンヘドラル・ウィングから吊り下げ式のフロントウィングに変更された。193の場合はハイノーズの下に3枚のステーを3角形に並べて、フロントウィングを懸架するというオリジナルの方法だった。

また、チームの規模に見合う範囲でハイテク装置を開発し、6速横置きセミオートマチックギアボックスとセミアクティブサスペンション(車高調整システム)を採用した。

エンジンは信頼性不足で不発に終わったヤマハに替えて、ハートのV型10気筒エンジンを搭載した。プライベートメーカーであるハートは、1986年以来7年振りのF1復帰となった。

1993年シーズン

ドライバーは昨年の国際F3000ランキング3位のルーベンス・バリチェロフェラーリから移籍してきたイヴァン・カペリを起用した。新人バリチェロがポジションを確立する一方、もう一方のシートは落ち着きなく5人が入れ替わった。

カペリが第2戦ブラジルGPで予選落ちを喫すると、資金的な理由で2戦で解雇となり、スポンサー等の関係から後任にリジェから離脱し浪人中だったティエリー・ブーツェンが加入した。ブーツェンは地元レースの第12戦ベルギーGPで引退すると、第13戦イタリアGPはマルコ・アピチェラ、第14戦ポルトガルGPはエマニュエル・ナスペッティ、第15戦日本GPと最終戦オーストラリアGPはエディ・アーバインがドライブした。

ヤマハと比べると若干ポテンシャルがあったハートだったが、このエンジンも信頼性不足でリタイヤも多かった。それでも、バリチェロが第3戦ヨーロッパGPで雨の中一時2位を走行するなど速さを見せ、日本GPでバリチェロが5位、アーバインが6位とダブル入賞を果たし、コンストラクターズも前年より1つ上の10位を記録した。

スペック

シャーシ

  • シャーシ名 193
  • 前トレッド 1,680mm
  • 後トレッド 1,610mm
  • ホイールベース 2,800mm
  • 重量 505kg
  • クラッチ AP
  • ホイール O・Z
  • タイヤ グッドイヤー

エンジン

  • エンジン名 ハート1035
  • 気筒数・角度 V型10気筒・72度
  • 排気量 3,500cc
  • スパークプラグ ユニパート
  • 燃料 サソル
  • 潤滑油 ユニパート

記録

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
RSA
BRA
EUR
SMR
ESP
MON
CAN
FRA
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
POR
JPN
AUS
1993年 14
ルーベンス・バリチェロ
Ret Ret 10 Ret 12 9 Ret 7 10 Ret Ret Ret Ret 13 5 11 3 10位
15
イヴァン・カペリ
Ret DNQ
15
ティエリー・ブーツェン
Ret Ret 11 Ret 12 11 Ret 13 9 Ret
15
マルコ・アピチェラ
Ret
15
エマニュエル・ナスペッティ
Ret
15
エディ・アーバイン
6 Ret
  • DNQは予選不通過

参照

  1. ^ STATS F1 - Jordan 193”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
ジョーダン・193
Listen to this article