ジョーダン・195 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for ジョーダン・195.

ジョーダン・195

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジョーダン・195
195をドライブするエディ・アーバイン
イギリスGP
カテゴリー F1
コンストラクター ジョーダン
デザイナー
ゲイリー・アンダーソン
ティム・ホロウェイ
先代 ジョーダン・194
後継 ジョーダン・196
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン プジョー A10 72度 V10
トランスミッション ジョーダン製 7速 縦置き セミAT
燃料 トタル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム トタルジョーダンプジョー
ドライバー 14.
ルーベンス・バリチェロ
15.
エディ・アーバイン
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1995年ブラジルグランプリ
出走優勝ポールFラップ
17000
テンプレートを表示

ジョーダン・195 (Jordan 195) は、ジョーダン・グランプリ1995年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。開発責任者はゲイリー・アンダーソン。1995年の開幕戦から最終戦まで使用された。

開発と経緯

2年間使用したハートエンジンに替えて、マクラーレンとの契約を1年で終了したプジョーからV型10気筒エンジンの供給を受けることになった。自動車メーカー系ワークスエンジンの獲得は、チームの財政的にも好循環を生んだ。

シャシーは先端の低いローノーズを採用。サイドポンツーンはフェラーリ・640642に似た前後長の長いデザインで、細長いラジエターインテークが特徴だった。コンパクトな7速ギアボックスの開発により、リアエンドは細く絞り込まれた。サソルがメインスポンサーから外れたため、カラーリングは雑多なものに変わったが、車体は滑らかな外観を有した。

ドライバーは前年に続きルーベンス・バリチェロエディ・アーバインのコンビ。カナダGPではバリチェロが2位、アーバインが3位となり、チーム初のダブル表彰台を獲得した。シャシーのポテンシャルは高く、予選では3〜4列目に位置したものの、レースでは信頼性を欠きリタイアが多かった。チームは21ポイントを獲得し、コンストラクターズランキング6位でシーズンを終えた。

F1における全成績

(key) (太字ポールポジション

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント ランキング
BRA
ARG
SMR
ESP
MON
CAN
FRA
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
POR
EUR
JPN
PAC
AUS
1995 14
ルーベンス・バリチェロ
Ret Ret Ret 7 Ret 2 6 11 Ret 7 6 Ret 11 4 Ret Ret Ret 21 6位
15
エディ・アーバイン
Ret Ret 8 5 Ret 3 9 Ret 9 13 Ret Ret 10 6 11 4 Ret


参照

ウィキメディア・コモンズには、ジョーダン・195に関連するカテゴリがあります。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
ジョーダン・195
Listen to this article