ジョーダン・198 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for ジョーダン・198.

ジョーダン・198

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジョーダン・198
カテゴリー F1
コンストラクター ジョーダン
デザイナー ゲイリー・アンダーソン
マイク・ガスコイン
先代 ジョーダン・197
後継 ジョーダン・199
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) 不等長ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド ロッカー
サスペンション(後) 不等長ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド ロッカー
エンジン 無限ホンダ MF301HC, 70度 V10 NA
トランスミッション ジョーダン製 6速 セミAT
燃料 レプソル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ベンソン&ヘッジスジョーダン無限ホンダ
ドライバー 9.
デイモン・ヒル
10.
ラルフ・シューマッハ
出走時期 1998年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1998年オーストラリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
16100
テンプレートを表示

ジョーダン・198 (Jordan 198) は、ジョーダン・グランプリ1998年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。設計者はゲイリー・アンダーソン

概要

プジョーがオールフレンチを標榜するプロスト・グランプリへエンジン供給を切替えたため、新たに日本無限ホンダと契約した。結果的に、この2チーム間でエンジンが入れ替わることとなった。

スズメバチのノーズアート
スズメバチのノーズアート

フロントノーズは前年の197よりも細く、高く持ち上げられた。サイドポンツーンは前後に長く、スクエアな形状に変更された。序盤戦はティレルが発明したX-ウィングをコピーして、サイドポンツーン上に立てていた(第5戦より使用禁止)。

197で好評だったノーズアートは、絵柄がからスズメバチ(イエロー・ホーネット)に変更され、サイドポンツーンやエンジンカウルにも黄色と黒の縞模様がペイントされた。たばこ広告が禁止されているグランプリでは、メインスポンサーのロゴが"BENSON&HEDGES"から"BUZZIN HORNETS"に変更された。

1998年シーズン

ドライバーはチーム2年目のラルフ・シューマッハに加え、アロウズからデイモン・ヒルを獲得した。チャンピオン経験者の在籍はチーム初となる。

レギュレーション変更で導入されたグルーブドタイヤやナローボディ化などへの対応に失敗し、シーズン前半は無得点というスランプに陥り、デザイナーのアンダーソンはシーズン途中に離脱した。しかし、シーズン途中にチームに加入したマイク・ガスコインが尽力し、多くの改良によって状況は改善され、後半戦はコンスタントにポイントを積み重ねた。ガスコインによれば「(自分の加入時点で)198はフロントウィングが全く機能していなかった」ものの、それ以外の部分は水準以上の出来にあったため、フロントウィングを改善するだけでマシンのパフォーマンスが大きく向上したのだという[1]

第13戦ベルギーGPは大混乱の展開の中でヒルが優勝し、シューマッハも2位となり、F1参戦8年目にしてチームの初勝利をワンツーフィニッシュで達成した。最終戦の日本GPではヒルが最終ラップにウィリアムズハインツ=ハラルド・フレンツェンをパスして4位に入り、チームはベネトンを抜いてコンストラクターズランキング4位でシーズンを終えた。

F1における全成績

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1998年 ジョーダン 無限ホンダ V10 G AUS
BRA
ARG
SMR
ESP
MON
CAN
FRA
GBR
AUT
GER
HUN
BEL
ITA
LUX
JPN
34 4位
デイモン・ヒル 8 DSQ 8 10 Ret 8 Ret Ret Ret 7 4 4 1 6 9 4
ラルフ・シューマッハ Ret Ret Ret 7 11 Ret Ret 16 6 5 6 9 2 3 Ret Ret
  • ブラジルGPのヒルはレース後の再車検で最低重量違反となり失格。

参照

ウィキメディア・コモンズには、ジョーダン・198に関連するカテゴリがあります。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 『GP Car Story Vol.31 Jordan 199』(三栄、2020年4月)pp.19 - 20
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
ジョーダン・198
Listen to this article