cover image

タージ・マハル

インド北部アーグラにある墓廟 / ウィキペディア フリーな 百科事典

タージ・マハルヒンディー語: ताज महल, ウルドゥー語: تاج محل, 英語: Taj Mahal)は、インド北部アーグラにある、総大理石墓廟[1]ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃ムムターズ・マハルのため建設した。インド・イスラーム文化の代表的建築である。1983年ユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録され、2007年新・世界七不思議に選出された[2]

Quick facts: タージ・マハル (インド) , 英名, 仏名, 登録区分, 登録基準...
タージ・マハル
インド
タージ・マハル
英名 Taj Mahal
仏名 Le Taj Mahal
登録区分 文化遺産
登録基準 (1)
登録年 1983年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
使用方法表示
Close
Quick facts: ...
タージ・マハルの位置(アーグラ)
Close

ムムターズ・マハルは、謀反を起こした臣下ハーン・ジャハーン・ローディー討伐に付き従っていた遠征先のブルハーンプル[3]産褥病のため、1631年6月7日に死亡した。彼女の遺言のひとつに、後世に残る墓を所望した[4]。彼女はブルハーンプルのザイナーバードの庭園に葬られ、毎週金曜日にはシャー・ジャハーンが訪れていた[3]1632年着工、1653年竣工とされる[3]

霊廟の計画はブルハーンプル滞在時には着手され始めたと考えられる。1632年の初めにムムターズ・マハルの遺体は都アーグラに送られ、ダールル・ヒラーファト・アクバラーバードの庭園に安置されたが、シャー・ジャハーンはデカン討伐を続けた。同年6月、シャー・ジャハーンが遠征を終えるとアーグラに戻り、ムムターズ・マハルの一回忌追悼式典が催され、霊廟建設が開始された。基礎工事を経て1636年には白い霊廟がほぼ完成。さらにこれを挟んでモスクと集会場・尖塔・大楼門が建設された。大楼門北側には「神のご加護により、1057年竣工」という文字が刻まれている。

イスラーム暦1057年は西暦1648年であり建設開始から17年を経ているが、その後に付帯設備が5年間をかけて整備され、すべての工事は1653年に完了した[3]。なお、シャー・ジャハーンは、タージ・マハルと対をなす形でヤムナー川を挟んだ対岸に黒大理石で出来た自身の廟を作ろうとしたとされるが、これは実現しなかった。