デヴィッド・エリス - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for デヴィッド・エリス.

デヴィッド・エリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年9月)
デヴィッド・エリス
David Ellis
本名 David Richard Ellis
生年月日 (1952-09-08) 1952年9月8日
没年月日 (2013-01-07) 2013年1月7日(60歳没)
出生地
アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ
死没地  南アフリカ共和国ヨハネスブルグ
国籍
アメリカ合衆国
テンプレートを表示

デヴィッド・リチャード・エリス(David Richard Ellis, 1952年9月8日 - 2013年1月7日)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ出身の映画監督

経歴

映画界における経歴は、脇役の少年を演じることから始まる。デビューは1975年のカート・ラッセル主演作『世界最強の男英語版』だった。1976年にジャン=マイケル・ヴィンセント主演作『Baby Blue Marine』に出演してからはスタントマンとして活躍し、1981年からはスタント・コーディネーターとして活躍する。5年後の1986年からはADや助監督として、『マトリックス・レボリューションズ』や『ハリー・ポッターと賢者の石』といった映画のアクションシーン製作に関わるようになった。

1996年には監督としてデビューし、ファミリー向け映画『奇跡の旅2/サンフランシスコの大冒険』を発表した。次の作品『デッドコースター』は監督代表作として商業的成功を収め、『ファイナルデスティネーション』シリーズのシリーズ化を決定づけた。

次の作品であるスリラー映画『セルラー』はまずまずの成功に終わったが、エリスは原因を『バイオハザードII アポカリプス』とのマーケティング競争の失敗にあるとした。

2006年に発表したスリラー映画『スネーク・フライト』は、インターネット上で大きな話題を呼んだ。

2013年1月7日、映画『カイト/KITE』の撮影準備で訪れていた南アフリカ共和国ヨハネスブルグで急死[1]

監督作品

脚注

外部リンク

この項目は、映画監督に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:映画/PJ映画)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
デヴィッド・エリス
Listen to this article