ハインリヒ3世 (神聖ローマ皇帝)

ウィキペディア フリーな 百科事典

ハインリヒ3世(Heinrich III., 1017年10月28日 - 1056年10月5日)はザーリアー朝第2代ローマ王(ドイツ王、在位:1028年 - 1056年)、ローマ教会の皇帝ヘンリクス3世(神聖ローマ皇帝、戴冠:1046年12月25日[注釈 1][注釈 2]ザーリアー朝初代コンラート2世の子。ドイツ君主として史上最大の権勢を誇り、イタリアブルグントへの宗主権を持ち、皇帝として戴冠する前の王の称号としてローマ王を定着させた。黒王とも呼ばれる。しかし皇帝として即位する前にイタリア王となる伝統も残った。1039年までは先帝が崩御するまでの共同王。

Quick facts: ハインリヒ3世 Heinrich III., 在位, 戴冠式, , 出生...
ハインリヒ3世
Heinrich III.
ローマ皇帝
ハインリヒ3世のミニアチュール、11世紀半ば(ブレーメン州立・大学図書館蔵)
在位 1028年 - 1056年(ローマ王)
戴冠式 1028年9月8日(王)
1046年12月25日(ローマ皇帝)

出生 1017年10月28日
死去 (1056-10-05) 1056年10月5日(38歳没)
埋葬 1056年10月28日
神聖ローマ帝国シュパイアー大聖堂
配偶者 グンヒルト・フォン・デーネマルク
  アグネス・フォン・ポワトゥー
子女 ベアトリクス
アーデルハイト
ギーゼラ
マティルデ
ハインリヒ4世
コンラート
ユーディト
王朝 ザーリアー朝
父親 コンラート2世
母親 ギーゼラ・フォン・シュヴァーベン
テンプレートを表示
Close