cover image

パナマ運河

パナマ共和国の国際運河 / ウィキペディア フリーな 百科事典

パナマ運河(パナマうんが、スペイン語: Canal de Panamá英語: Panama Canal)は、中米にあるパナマ共和国パナマ地峡を開削して太平洋大西洋[1](直接にはその縁海であるカリブ海)を結んでいる閘門式運河である。

パナマ運河の位置を示す衛星画像。密林は緑色で可視化されている。
閘門及び海峡の配列を示すパナマ運河の全体図。南の太平洋岸からパナマ市を右手に見て25kmほど北西に運河を進むとガトゥン湖に入り、北のカリブ海側に到達する。

パナマ運河の規模は全長約80キロメートル、最小幅91メートル、最大幅200メートル、深さは一番浅い場所で12.5メートルである。マゼラン海峡ドレーク海峡を回り込まずにアメリカ大陸東海岸と西海岸を海運で行き来できる。スエズ運河を拓いたフェルディナン・ド・レセップスの手で開発に着手したものの、難工事とマラリアの蔓延により放棄。その後、パナマ運河地帯としてアメリカ合衆国によって建設が進められ、10年の歳月をかけて1914年に開通した。長らくアメリカによる管理が続いてきたが、1999年12月31日正午をもってパナマに完全返還された。

現在はパナマ運河庁(ACP)が管理し、通航料を徴収している[1]国際運河であり、船籍・軍民を問わず通航が保証されている。

2002年の実績によれば、年間通航船舶数は13,185隻。通航総貨物量は1億8782万トン(いずれもパナマ運河庁調べ)。