ピーター・クラック - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for ピーター・クラック.

ピーター・クラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ピーター・クラック (Peter Clack) は、オーストラリアハード・ロック・バンドAC/DCの元メンバーで、ドラマー1974年4月にAC/DCに参加した当時、バンドはマルコム・ヤング (リズムギター)、アンガス・ヤング (リードギター)、デイヴ・エヴァンス (リード・ヴォーカル)、ロブ・ベイリー (ベース)という編成だった。

クラックは、1974年からバンドのリズム・セクションとしてレギュラーに演奏していたが、1975年1月に、ベースのベイリーとともに解雇されてしまった。クラックはAC/DCの最初のミュージック・ビデオである「Can I Sit Next To You」に出演しており、また、デビュー・アルバム『ハイ・ヴォルテージ』のレコーディングの時期にメンバーであった。しかし、このアルバムにはほとんど貢献していないようで、ドラムはほとんどがセッション・ドラマーのトニー・カレンティが録音した。恒常的なメンバーとしてクラックの後を埋めたのはフィル・ラッドであった。

参考文献

  • Two Sides To Every Glory, Paul Stenning, 2005
  • "Metal Hammer & Classic Rock present AC/DC", Metal Hammer magazine special, 2005
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
ピーター・クラック
Listen to this article