ブダペスト覚書(ブダペストおぼえがき、: Budapest Memorandum on Security Assurances)は、1994年12月5日ハンガリーの首都ブダペストで開催されたOSCE(欧州安全保障協力機構)会議において、アメリカイギリスロシアの核保有3ヶ国が署名した覚書である。内容としては、ウクライナベラルーシカザフスタン核不拡散条約に加盟したことに関連して、協定署名国(つまりアメリカ・イギリス・ロシア)がこの3ヶ国の安全を保障する、という内容のものである。またフランス中国は、別々の書面で若干の個別保障をしている[1]

Quick facts: ベラルーシ共和国/カザフスタン共和国/ウクライナの核不拡散条約加盟に関連した安全保障上の覚...
ブダペスト覚書
ベラルーシ共和国/カザフスタン共和国/ウクライナの核不拡散条約加盟に関連した安全保障上の覚書
Memorandum on Security Assurances in connection with the Republic of Belarus'/Republic of Kazakhstan's/Ukraine's accession to the Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons
署名1994年12月5日 (1994-12-05)
署名場所ハンガリーブダペスト
当初の署名国
言語
Ukraine. Memorandum on Security Assurances - Wikisource
Close

署名した国々の1つであるロシア自体が2022年にウクライナに侵攻したので、(ロシアの署名分に関しては)この覚書は既に破棄されている(また、2014年のクリミア併合でも既に反故にしていることは、ロシアの2018年大統領候補のクセニア・ソブチャクからも違反行為という声が上がった[2])。

Oops something went wrong: