ブラバム・BT44 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for ブラバム・BT44.

ブラバム・BT44

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブラバム・BT44
ブラバム・BT44B
ブラバムBT44を駆るロイテマン
(1974年レース・オブ・チャンピオンズにて)
カテゴリー F1
コンストラクター ブラバム
デザイナー ゴードン・マレー
先代 ブラバム・BT42
後継 ブラバム・BT45
主要諸元
シャシー アルミニウムモノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン
ホイールベース 2,413mm
エンジン フォード・コスワースDFV 2993cc V8, NA, ミッドエンジン
トランスミッション ヒューランドFG400 5速 MT
重量 606kg
燃料 フィナ
タイヤ グッドイヤーファイアストン
主要成績
チーム モーター・レーシング・ディペロップメント Ltd.
マルティニ・レーシング
ゴールディ・ヘキサゴン・レーシング
RAMレーシング
ドライバー
カルロス・ロイテマン
リチャード・ロバーツ
リッキー・フォン・オペル
カルロス・パーチェ
ジョン・ワトソン
ロリス・ケッセル
レラ・ロンバルディ
出走時期 1974年 - 1976年
通算獲得ポイント 89 (91)
初戦 1974年アルゼンチンGP
初勝利 1974年南アフリカGP
最終戦 1976年オーストリアGP
出走優勝表彰台ポールFラップ
33 (36)51324
テンプレートを表示

ブラバム・BT44(Brabham BT44)は、ブラバムが製作したフォーミュラ1カーである。デザイナーはゴードン・マレー1975年には改良型のBT44Bが製作された。

解説

BT44B(2003年)
BT44B(2003年)

マレーが前年にデザインしたBT42の発展型で、2分割ラジエターを収めたスポーツカーノーズ、三角断面モノコックなどBT42を踏襲している。

1975年のBT44Bは、BT44と比べフロント部のトレッドが縮小されている[1]。また、ボディ下面にグラスファイバー製のスプリッターを装着。これによって負圧を起こし約60%のダウンフォースを生み出している[2]

戦績

1974年

カルロス・ロイテマンと新人リチャード・ロバーツという布陣でスタート。第3戦南アフリカGPで初優勝(ロイテマンにとっても初の優勝)をあげる。第10戦イギリスGPよりカルロス・パーチェが加入。また、プライベートチームのゴールディ・ヘキサゴン・レーシングがBT44を購入してドイツGPからジョン・ワトソンがドライブ。最終戦アメリカGPで1-2フィニッシュ。ワトソンも5位で入賞した。最終的に3勝をあげてシリーズ5位を記録。

シーズン終了後の11月24日富士スピードウェイでおこなわれたF1のデモンストレート・ランにロイテマンが出走。また、桑島正美がBT44をテスト走行させている。

1975年

1975年
1975年

メインスポンサーとしてマルティーニ・エ・ロッシを獲得。パーチェが地元のブラジルGPで優勝。ロイテマンもドイツGPで優勝するなど入賞をかさね、コンストラクターズチャンピオン獲得も見えていたが、チームが来季用のエンジンとしてアルファロメオ、フラット12気筒エンジンを獲得。マレーが新型マシンBT45の設計を始めたためBT44Bの開発が中断[2]、シーズン後半は失速。それでも選手権2位を確保した。

1976年

前述のとおり、ブラバムがエンジンをアルファ・ロメオに変更したためBT44BをドイツのRAMレーシングに売却。複数のドライバーがドライブしたが、ポイント獲得はならなかった。

F1における全成績

ワークス

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ。)

チーム シャシー エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位
1974年 モーター・レーシング・ディペロップメンツ Ltd. BT44 フォード
コスワースDFV
G ARG
BRA
RSA
ESP
BEL
MON
SWE
NED
FRA
GBR
GER
AUT
ITA
CAN
USA
35 5位
7
ロイテマン
7 7 1 Ret Ret Ret Ret 12 Ret 6 3 1 Ret 9 1
8
ロバーツ
Ret 15 17
8
フォン・オペル
Ret Ret DNQ 9 9 DNQ
8
パーチェ
9 12 Ret 5 8 2
1975年 マルティーニ・レーシング BT44B フォード
コスワースDFV
G ARG
BRA
RSA
ESP
MON
BEL
SWE
NED
FRA
GBR
GER
AUT
ITA
USA
54 (56)* 2位
 7
ロイテマン
3 8 2 3 9 3 2 4 14 Ret 1 14 4 Ret
8
パーチェ
Ret 1 4 Ret 3 8 Ret 5 Ret 2 Ret Ret Ret Ret

* ()内は総得点。

ノンワークス

チーム シャシー エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
1974年 ゴールディ・ヘキサゴン・レーシング BT44 フォード
コスワースDFV
F ARG
BRA
RSA
ESP
BEL
MON
SWE
NED
FRA
GBR
GER
AUT
ITA
CAN
USA
28
ワトソン
Ret 4 7 Ret 5
1976年 RAMレーシング BT44B フォード
コスワースDFV
G BRA
RSA
USAW
ESP
BEL
MON
SWE
FRA
GBR
GER
AUT
NED
ITA
CAN
USA
JPN
32
ケッセル
DNQ 12 Ret DNQ NC
32
エバンス
Ret
32
シュトメレン
PO[3]
33
デ・ヴィロタ
DNQ
33
ネーヴェ
Ret
33
ネレマン
DNQ
33
マギー
DNQ
33
ロンバルディ
DNQ DNQ 12

脚注

[脚注の使い方]
ウィキメディア・コモンズには、ブラバム・BT44に関連するカテゴリがあります。
ウィキメディア・コモンズには、ブラバム・BT44Bに関連するカテゴリがあります。
  1. ^ 『GRAND PRIX CAR 名車列伝 Vol.6』 三栄書房、2012年、137頁。
  2. ^ a b 『レーシングオン』(三栄書房、2011年)451「特集 ブラバム」p61のゴードン・マレーのインタビューより。
  3. ^ 予選1日目のみ。2日目以降はBT45に乗り換える。

外部リンク

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
ブラバム・BT44
Listen to this article