ベルサイユオブザデッド - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for ベルサイユオブザデッド.

ベルサイユオブザデッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年1月)
ベルサイユオブザデッド
ジャンル 青年漫画
歴史漫画パラレルワールド
ダーク・ファンタジー
漫画
作者 スエカネクミコ
出版社 小学館
掲載誌 ヒバナマンガワン
レーベル ビッグコミックス
発表号 ヒバナ:2016年2月号 - 2017年9月号
発表期間 2016年1月 -
巻数 既刊4巻(2020年4月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

ベルサイユオブザデッド』は、スエカネクミコによる日本漫画。漫画雑誌『ヒバナ』(小学館)で2016年2月号から2017年9月号(最終号)まで連載され、以後は漫画アプリ『マンガワン』に移籍した[1]

あらすじ

フランス革命直前の18世紀フランス。オーストリアから次代王妃として嫁いできたマリー・アントワネットは、双子の弟アルベールを連れて、フランスに向かう途中、不死者の群れの襲われる。

襲撃から唯一生き残ったアルベールだったが、姉・マリーが死亡したことから、彼女に成り代わって王室入りをすることになる。

世界観・用語解説

この節の加筆が望まれています。
不死者(モルビバン)
蘇り病に罹った死者のことで、いわゆるゾンビ。人間を襲う。首を切られると死亡する。
蘇り病
フランスで密かに蔓延する架空の奇病。これに罹った者は不死者と化す。

登場人物

アルベール
本作の主人公。マリーの双子の弟。顔がマリーと瓜二つであることから、身代わりとして連れて来られた。フランスに向かう途中で不死者の群れに襲われ、唯一生き残るが、姉が死んだことを機に、彼女に成り代わることを決意する。不死者の前では、圧倒的な強さを見せるが、バスティアンからは不信感を持たれ、アンジェロ、ドミニクからは「悪魔が憑いている」と言われている。幼少時から姉のふりをさせられるなど、女顔を理由にいじめられていた。
マリー・アントワネット
アルベールの双子の姉。天真爛漫で腕白な性格。次代王妃として、オーストリアから嫁いできたが、フランスに向かう途中、不死者の群れに襲われて死亡する。
バスティアン
ベルサイユ宮殿の傭兵。生真面目な性格。不死者の群れに襲われて唯一生き残り、不死者の前で圧倒的な強さを見せるアルベールに不信感を抱き、彼を殺害して自らも自害しようとするが、逆に殺されてしまい、以降は不死者となり、期せずしてアルベールの従者となる。
ジェラール
ベルサイユ宮殿の傭兵。バスティアンとは親しい。
デュ・バリー夫人
ルイ15世の公妾。自分の立場が揺らぐことを恐れて、アンジェロ、ドミニクを使って、マリーの暗殺を企む。
アンジェロ、ドミニク
デュ・パリー夫人に仕える男性達。アントワネット(アルベール)を「悪魔」と呼び警戒していたが、ドミニクはアルベールによって倒された。
オーギュスト
ルイ15世の孫。後のルイ16世。男のアルベールをマリーの代役として受け入れ、結婚する。次期国王としてフランスを背負う事に不安を抱えている。女に無関心で、使用人達から「男好き」と噂されているが、宮殿の地下室に、ある女性を保管している。
ルイ15世
フランス国王。病で余命幾ばくもない。デュ・バリー夫人を寵愛する。
この節の加筆が望まれています。

書誌情報

脚注

  1. ^ ヒバナ 刊行終了のお知らせ
  2. ^ ベルサイユオブザデッド 1”. 小学館. 2018年3月24日閲覧。
  3. ^ ベルサイユオブザデッド 2”. 小学館. 2018年3月24日閲覧。
  4. ^ ベルサイユオブザデッド 3”. 小学館. 2020年3月15日閲覧。
  5. ^ ベルサイユオブザデッド 4”. 小学館. 2020年4月19日閲覧。

外部リンク

この項目は、漫画に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:漫画/PJ漫画/PJ漫画雑誌)。項目が漫画家・漫画原作者の場合には((Manga-artist-stub))を貼り付けてください。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
ベルサイユオブザデッド
Listen to this article