ボビー・ゴールズボロ - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for ボビー・ゴールズボロ.

ボビー・ゴールズボロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ボビー・ゴールズボロ
ボビー・ゴールズボロ、1967年撮影
基本情報
出生名 Bobby Goldsboro
生誕 (1941-01-18) 1941年1月18日(78歳)
出身地
アメリカ合衆国
フロリダ州マリアンナ[1]
学歴 オーバーン大学中退
ジャンル カントリー
アダルト・コンテンポラリー
ポップ
職業 歌手ソングライター
担当楽器
活動期間 1962年 - [1]
レーベル LaurieUnited ArtistsCurb[1]
公式サイト www.bobbygoldsboro.com

ボビー・ゴールズボロ(Bobby Goldsboro、1941年1月18日 - )[2]は、アメリカ合衆国ポップ/カントリー系のシンガーソングライター1960年代から1970年代にかけて一連のヒットを飛ばし、チャートの首位に立った「Honey」は、合衆国内だけで百万枚以上を売った。

経歴

生い立ち

ゴールズボロは、フロリダ州マリアンナ (Marianna) に生まれた[2]1941年、一家は、マリアンナを離れ、35マイル(およそ56km)北に位置するアラバマ州ドーサンへ移り住んだ[1]。ゴールズボロは、1959年にドーサン高校 (Dothan High School) を卒業し、その後オーバーン大学に入学した。ゴールズボロは、大学を2年で退学し、音楽業界に身を投じた。1962年から1964年にかけては、ロイ・オービソンのバックで、ギターを演奏した。

ソロ・キャリア

 ボビーの最初ののシングルは1962年にローリー・レコードからだした「Molly」で全米70位を記録した。1963年にはUnited Artistsと契約 した。ゴールズボロがソロとして何とか軌道に乗ったのは、トップ10入りのヒットとなったシングル「See the Funny Little Clown」(ひとりぼっちのクラウン)が出てからであった。このシングルは、ゴールズボロの自作で、1964年はじめに全米ヒット・チャートの第9位まで上昇した。売上は百万枚以上に達し、ゴールドディスクを受賞した[2]。これ以降も、同様の賞をいくつも受賞した。ゴールズボロは、Billboard Hot 100 のトップ40に16曲、カントリー・チャートに12曲を送り込んだ[1][3]

1966年には、「It's Too Late」を吹き込み、B面には「Too Many People」を収めた。ゴールズボロは、ダンス音楽はあまり手がけなかったが、この2曲はイギリスのノーザン・ソウル (Northern soul) における大ヒットとなり、広く聞かれた[4]

ゴールズボロの最大のヒットは、1968年の「Honey」で、この作品は、若い妻を亡くした男のことを歌ったお涙ちょうだいものである[1][3]。ボビー・ラッセル (Bobby Russell) が書いたこの曲は、たった1テイクで吹き込みが済まされたという[5]。 この曲は、1968年において最も売れた曲となって Billboard Hot 100 の首位に5週とどまり、全英シングルチャートでは、1968年と1975年の2回、最高2位まで上昇し[6]オーストラリアでは、シングル・チャートの首位に達した[2]。 「Watching Scotty grow」(いとしのスコット)はマック・ディヴィスの作品で、1970-71年にかけてヒット、全米11位を記録。

1973年の「Summer (The First Time)」(思い出のサマータイム)は、米国でトップ20入りのヒットとなり、英国でも9位まで上昇した[7]。これに続いた「Hello Summertime」は、ロジャー・クック (Roger Cook) とロジャー・グリーナウェイ (Roger Greenaway) が書き、1974年後半に、英国でチャートの14位まで上昇するヒットとなった[6][7]1973年から1975年まで、ゴールズボロは、番組販売(シンジケート方式)によって各地で放送されたテレビのバラエティ番組The Bobby Goldsboro Show』のホストを務めた。

ゴールズボロ自身が作曲した曲のひとつ「With Pen in Hand(ウィズ・ペン・イン・ハンド)」は、他のアーティストたちによってカバーされ、ヴィッキー・カー (Vikki Carr) によるポップ・バージョンは1969年にトップ40に入り、第12回グラミー賞 (12th Annual Grammy Awards) で最優秀女性ポップ・ボーカル賞 (Grammy Award for Best Female Pop Vocal Performance) にノミネートされ、また、これより前の1968年にはジョニー・ダレル (Johnny Darrell) のバージョンがカントリー・チャートの首位に達していた。


 1977年にはエピックレコードに移籍。ゴールズボロの「The Cowboy and the Lady」は、(歌詞中の男女を入れ替えた)「The Cowgirl and the Dandy」としてブレンダ・リー1980年にヒットさせ、ドリー・パートン1977年にこの曲をカバーしてアルバム『Here You Come Again』に収録しており、さらにジョン・デンバーもこの曲を1981年にヒットさせた。


1990年代には、ゴールズボロはCBSシチュエーション・コメディ番組『Evening Shade』の音楽を担当して作曲にあたっていた。1995年、ゴールズボロは全52話の子ども向け番組『The Swamp Critters of Lost Lagoon』を制作した。これは、すべての登場キャラクターの声をゴールズボロがつけ、すべての脚本も書き、楽器もすべて演奏して創作した作品であった[8]。ゴールズボロは、油絵画家でもある[9]

ディスコグラフィ

アルバム

アルバム 最高位 RIAA レーベル
US
カントリー
US カナダ
1964 The Bobby Goldsboro Album United Artists
I Can't Stop Loving You
1965 Little Things
Broomstick Cowboy
1966 It's Too Late
Blue Autumn
1967 Solid Goldsboro 165
The Romantic, Wacky, Soulful,
Rockin', Country, Bobby Goldsboro
Our Way of Life (w/ Del Reeves) 28
1968 Honey 1 5 41 Gold
Word Pictures 116
1969 Today 34 60
1970 Muddy Mississippi Line 28 139
Bobby Goldsboro's Greatest Hits 34 103 82
1971 We Gotta Start Lovin' 20 120
Come Back Home 142
1972 California Wine 214
1973 Brand New Kind of Love 207
Summer (The First Time) 10 150
1974 10th Anniversary Album 174
Hello Summertime
1975 Through the Eyes of a Man
1976 A Butterfly for Bucky 37
1977 Goldsboro Epic
1981 Bobby Goldsboro 54 Curb
1982 The Round-Up Saloon
1986 Happy Holidays Spectra
1989 Very best of Bobby Goldsboro(Re recording) C5 Records

シングル

シングル(A面/B面)
特記のない限り、両面とも同じアルバムに収録
最高位 アルバム
US
カントリー
US US AC カナダ・カントリー カナダ カナダ AC
1962 "You Better Go Home"
b/w "Lonely Traveler"
アルバム収録なし
"Molly"
b/w "Honey Baby"
70 17
1963 "The Runaround"
b/w"The Letter"
"That's What Love Will Do"
b/w "Light The Candles (Throw The Rice)"
1964 "See the Funny Little Clown" 1
b/w "Hello Loser"
9 3 The Bobby Goldsboro Album
"Whenever He Holds You"
b/w "If She Was Mine" (from Little Things)
39 13
"Me Japanese Boy I Love You"
b/w "Everyone But Me" (from I Can't Stop Loving You)
74 14 39 Little Things
"I Don't Know You Anymore"
b/w "Little Drops Of Water"
105
1965 "Little Things" 1
b/w "I Can't Go On Pretending" (from I Can't Stop Loving You)
13 4 4
"Voodoo Woman"
b/w "It Breaks My Heart"
27 6 Broomstick Cowboy
"If You Wait For Love" / 75
"If You've Got A Heart" 60
1966 "Broomstick Cowboy"
b/w "Ain't Got Time For Happy"
53 20
"It's Too Late" 1
b/w "I'm Goin' Home" (from Broomstick Cowboy)
16 5 It's Too Late
"I Know You Better Than That"
b/w "When Your Love Has Gone" (from It's Too Late)
56 23 Blue Autumn
"Take Your Love"
b/w "Longer Than Forever"
114
"It Hurts Me"
b/w "Pity The Fool" (from Little Things)
70 86
1967 "Blue Autumn"
b/w "I Just Don't Love You Anymore" (from It's Too Late)
35 71
"Goodbye To All You Women"
b/w "Love Is" (from Blue Autumn)
102 Pledge Of Love
"Trusty Little Herbert"
b/w "Three In The Morning" (from Autumn Of My Life)
This Is Bobby Goldsboro
"Jo Jo's Place" / 111 アルバム収録なし
"Pledge Of Love" 118 Blue Autumn
1968 "I Just Wasted The Rest"
b/w "Our Way Of Life"
Both sides: Del Reeves & Bobby Goldsboro
56 Our Way Of Life
"Honey" 1
b/w "Danny" (from Word Pictures)
1 1 1 1 1 Honey
"Autumn Of My Life"
b/w "She Chased Me" (from Blue Autumn)
15 19 2 2 11 Word Pictures
"The Straight Life"
b/w "Tomorrow Is Forgotten" (from Today)
37 36 6 7 19
"Look Around You (It's Christmas)"
b/w "A Christmas Wish"(アルバム収録なし)
1969 "Glad She's A Woman"
b/w "Letter To Emily" (from Word Pictures)
49 61 7 44 Today
"I'm A Drifter"
b/w "Hoboes and Kings
22 46 14 36 9
"Muddy Mississippi Line"
b/w "Richer Man Than I" (from Today)
15 53 10 1 37 16 Muddy Mississippi Line
"Take A Little Good Will Home"
b/w "She Thinks I Still Care"
Both sides: Bobby Goldsboro & Del Reeves
31 31 Our Way Of Life
1970 "Mornin' Mornin'"
b/w "Requiem" (from We Gotta Start Lovin')
56 78 23 64 18 Muddy Mississippi Line
"Can You Feel It"
b/w "Time Good, Time Bad" (from Muddy Mississippi Line)
71 75 8 Bobby Goldsboro's Greatest Hits
"It's Gonna Change"
b/w "Down On The Bayou"
108 38 We Gotta Start Lovin'
1971 "Watching Scotty Grow" 1
b/w "Water Color Days"
7 9 1 7 5 1
"And I Love You So"
b/w "The Gentle Of A Man"
48 83 8 93 7 Come Back Home
"Come Back Home"
b/w "I'll Remember You"
69 15 89 17
"Danny Is A Mirror To Me" / 107 34
"A Poem For My Little Lady" 27
1972 "California Wine"
b/w "To Be With You"
108 36 California Wine
"With Pen In Hand"
b/w "Southern Fried Singin' Sunday Morning" (from California Wine)
94 28 Bobby Goldsboro's Greatest Hits
1973 "Brand New Kind Of Love"
b/w "Country Feelin's" (from California Wine)
116 37 40 Brand New Kind Of Love
"Summer (The First Time)"
b/w "Childhood-1949" (from Brand New Kind Of Love)
100 21 18 19 15 Summer (The First Time)
1974 "Marlena"
b/w "Sing Me A Smile"
52 76 70
"I Believe The South Is Gonna Rise Again"
(w/ The TSU Chorus)
b/w "She" (from Summer (The First Time))
62 Through The Eyes Of A Man
"Quicksand"
b/w "And Then There Was Gina"
"Hello Summertime" / 79 8 46 Hello Summertime
1975 "And Then There Was Gina" 15 15 Through The Eyes Of A Man
"I Wrote A Song (Sing Along)"
b/w "You Pull Me Down" (from Through The Eyes Of A Man)
16 17 A Butterfly For Bucky
1976 "A Butterfly For Bucky"
b/w "Another Night Alone"
22 51 7 7 12
"Reunion"
b/w "She Taught Me How To Live Again"
1977 "Me and The Elephants"
b/w "I Love Music"
82 104 6 10 Goldsboro
"The Cowboy and The Lady"
b/w "Me and Millie"
85
1979 "He'll Have To Go"
b/w "Too Hot To Handle"(アルバム収録なし)
"Black Fool's Gold"
b/w "Life Gets Hard On Easy Street"
1980 "Goodbye Marie"
b/w "Love Has Made A Woman Out Of You"
17 19 Bobby Goldsboro
1981 "Alice Doesn't Love Here Anymore"
b/w "Green Eyed Woman, Nsahville, Blues"
20 34 41
"Love Ain't Never Hurt Nobody"
b/w "Wings Of An Eagle"
19 33
"The Round-Up Saloon"
b/w "Green Eyed Woman, Nashville, Blues" (from Bobby Goldsboro)
31 38 The Round-Up Saloon
1982 "Lucy and The Stranger"
b/w "Out Run The Sun"
49

1 ゴールドディスク認定[2]

来日

[10]

  • 1968年10月26日 プロモーションのため来日(公演なし)

脚注

  1. ^ a b c d e f Whitburn, Joel (1996). The Billboard Book of Top 40 Country Hits, p.128-129. ISBN 0-8230-7632-6.
  2. ^ a b c d e Murrells, Joseph (1978). The Book of Golden Discs (2nd ed.). London: Barrie and Jenkins Ltd. pp. 175, 191, 205, 240 & 279. ISBN 0-214-20512-6. 
  3. ^ a b Whitburn, Joel (2000). The Billboard Book of Top 40 Hits, p.267. ISBN 0-8230-7690-3.
  4. ^ Bobby Goldsboro – Too Many People”. www.discogs.com. 2011年6月14日閲覧。
  5. ^ Roland, Tom (1991). The Billboard Book of Number One Country Hits, p.9. ISBN 0-8230-7553-2.
  6. ^ a b British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 230. ISBN 1-904994-10-5. 
  7. ^ a b Bobby Goldsboro”. www.officialscharts.com. 2013年11月19日閲覧。
  8. ^ Bobby Goldsboro Biography”. AllMusic. 2013年12月28日閲覧。
  9. ^ The Art of Bobby Goldsboro”. bobbygoldsboro.com. 2015年2月9日閲覧。
  10. ^ Live in Japan: 60's~70's, シンコー・ミュージック, 1995,p.234

参考文献

外部リンク

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
ボビー・ゴールズボロ
Listen to this article