マーベル・ミュージック - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for マーベル・ミュージック.

マーベル・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ポータル ディズニー
マーベル・ミュージック
MARVEL MUSIC
親会社 マーベル・エンターテインメントウォルト・ディズニー・カンパニー
設立 1994年
現況 発売中
販売元 ユニバーサルミュージック
ジャンル アメリカン・コミックス
映画
アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市

マーベル・ミュージック (MARVEL MUSIC) は、マーベル・エンターテインメントウォルト・ディズニー・カンパニー)の部門で、ウォルト・ディズニー・スタジオ傘下のレコード会社である。ディズニー・ミュージック・グループのレーベル。日本での発売・販売元はユニバーサル ミュージック合同会社となっている。

概要

マーベル・エンターテインメントは以前[1]、マーベル・コミック内の音楽コミックを発売しており、 1977年に公開されたマーベル・コミックのスペシャルの初号で発売されて以来、ずっと続けてきたが、1996年に1度マーベルが倒産したため[2]、解散された。その後、復活し、ウォルト・ディズニー・カンパニーに買収され[3][4][5]、ディズニー傘下となった。

歴史

1994年の設立以来、様々な音楽を発表、発売し、Marty Party in Spaceと呼ばれる、当時、マーベル・ミュージックのインプリントで最も売れたタイトルの1つになっていくなど、輝かしい売り上げや業績を持っていたが、マーベル社が破産してしまったため、1996年に音楽出版部門も解散されてしまった。

トイ・ビズによるマーベル・エンターテインメント(当時はマーベル・エンタープライズ)の設立後、マーベルの音楽部門は、ウォルト・ディズニー・モーション・ピクチャーズ・グループの一員であるマーベル・スタジオが製作している「マーベル・シネマティック・ユニバース」内で流れる音楽の発売を同じディズニー傘下のハリウッド・レコードと共に発売している[6][7]

マーベル・スタジオ

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 中村明美 (2019年3月15日). “日本でも今日公開『キャプテン・マーベル』はグランジ世代の心をくすぐりまくる設定+選曲”. rockinon.com. 2019年12月31日閲覧。
  2. ^ Cain, Áine (2019年8月20日). “廃業寸前から復活した5つのブランド” (日本語). www.businessinsider.jp. メディアジーン. 2019年12月31日閲覧。
  3. ^ ディズニーがアメコミ大手の「マーベル」を3700億円で買収 買収合併”. 不景気.com (2009年9月2日). 2019年12月31日閲覧。
  4. ^ “マーベル株主総会で ディズニーへ売却にゴーサイン”. アニメ!アニメ!ビズ (イード). (2010年1月3日). https://www.animeanime.biz/archives/2607 2019年12月31日閲覧。 
  5. ^ “ディズニー 米国最大のコミックス会社マーベル買収発表”. アニメ!アニメ! (イード). (2009年9月1日). https://animeanime.jp/article/2009/09/01/5243.html 2019年12月31日閲覧。 
  6. ^ Grossman, David (2014年3月12日). “Marvel Music’s Strange, Brief, and Totally Doomed Rock-Comics Revolution”. Spin. 2019年12月31日閲覧。
  7. ^ Considine, J.D. (1994年7月10日). “Comics That Rock -- It's Not The New Music Video - Yet - But The Comic Book Has Become A Hot Marketing Tool For Top Names In Rock”. The Seattle Times. 2019年12月31日閲覧。

外部リンク

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
マーベル・ミュージック
Listen to this article