リジェ・JS17 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for リジェ・JS17.

リジェ・JS17

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

タルボ=リジェ・JS17 / JS17B
1981年オランダGPにてジャック・ラフィットが
ドライブするJS17
カテゴリー F1
コンストラクター
リジェ
デザイナー
ジェラール・ドゥカルージュ
ミッシェル・ポイジョン
先代 リジェ・JS11/15
後継 リジェ・JS19
主要諸元
シャシー アルミニウムモノコック
エンジン マトラ MS81, 3.0リッター,
520馬力 60度 V12, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド製 FGB 400 5速
重量 585kg
燃料 エルフ
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム エキップ・タルボ・ジタン
ドライバー
ジャン=ピエール・ジャリエ
ジャック・ラフィット
ジャン=ピエール・ジャブイーユ
パトリック・タンベイ
エディ・チーバー
初戦
1981年アメリカ西グランプリ
出走優勝ポールFラップ
21211
テンプレートを表示

リジェ・JS17は、リジェチームが1981年シーズン1982年シーズンF1参戦に用いたフォーミュラカーである。

エンジンを前年のフォードDFVから再びマトラV12へ変える。1981年ジャック・ラフィットがオーストリアとカナダで2勝を挙げ、ドライバーズチャンピオン争いに加わった。25番車はジャン=ピエール・ジャリエジャン=ピエール・ジャブイーユパトリック・タンベイの3名がドライブしたが、ジャリエがブラジルで7位に入ったのみであった。

1982年は前半6戦に投入され、エディ・チーバーがJS17でベルギーで3位、アメリカで2位に入賞、ラフィットはJS17Bでベルギー9位、アメリカ6位という結果であった。

F1における全成績

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1981年 JS17 マトラ MS81
3.0 V12
M USA
BRA
ARG
SMR
BEL
MON
ESP
FRA
GBR
GER
AUT
NED
ITA
CAN
USA
44 4位
25
ジャン=ピエール・ジャリエ
Ret 7
26
ジャック・ラフィット
Ret 6 Ret Ret 2 3 2 Ret 3 3 1 Ret Ret 1 6
25
ジャン=ピエール・ジャブイーユ
DNQ DNQ NC Ret DNQ Ret
25
パトリック・タンベイ
Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret
1982年 JS17
JS17B
マトラ MS81
3.0 V12
M RSA
BRA
USW
SMR
BEL
MON
USA
CAN
NED
GBR
FRA
GER
AUT
SUI
ITA
USA
20[1] 8位
25
エディ・チーバー
Ret Ret Ret 3 2 10
26
ジャック・ラフィット
Ret Ret Ret 9 6 Ret
  • リジェ・JS17Bでのポイント

参照

  1. ^ JS19でのポイントを含む。

外部リンク

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
リジェ・JS17
Listen to this article