ルート225 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for ルート225.

ルート225

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ルート225』(ルートにひゃくにじゅうご)は、藤野千夜小説。及びそれをもとにした映画および漫画

ストーリー

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。あらすじの書き方を参考にして、物語全体の流れが理解できるように(ネタバレも含めて)、著作権を侵害しないようご自身の言葉で加筆を行なってください。(2018年10月)(使い方)

14歳の少女エリ子は、一つ年下の弟のダイゴと家に帰る途中でおかしな世界に迷い込んでしまう。そこは現実と少しだけずれたパラレルワールド。微妙に違う風景、死んだはずの少女が現れ、家にはまだ温かいシチューがあるのに両親の姿はない。身に覚えのない仲直りをしている元親友。果たしてエリ子とダイゴは、両親のいる元の世界へ帰ることができるのだろうか。

小説

2002年1月、単行本理論社より刊行された。2004年12月、文庫新潮社より刊行された。新潮文庫版のカバー絵は志村貴子による。

映画

ルート225
監督 中村義洋
脚本 林民夫
製作 佐々木史朗
石川富康
川島晴男
出演者 多部未華子
岩田力
石原裕太
石田えり
嶋田久作
音楽 江藤直子
撮影 小松高志
編集 森下博昭
配給 オフィス・シロウズ
公開
2006年3月11日
上映時間 101分
製作国
日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2006年3月11日よりシアターN渋谷にて公開された後、全国順次公開された。

キャスト

スタッフ

漫画版

月刊少年シリウス』にて、2007年から2008年にかけて連載。作者は文庫版のカバー絵を手がけた志村貴子で、原作者の要望により実現した。基本的なあらすじは同じだが細かい所(ラストなど)で構成や展開が異なる。

その他

外部リンク

この項目は、文学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:ライトノベル/Portal:文学)。項目が小説家・作家の場合には ((Writer-stub)) を、文学作品以外の本・雑誌の場合には ((Book-stub)) を貼り付けてください。
この項目は、映画に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:映画/PJ映画)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
ルート225
Listen to this article