ロータス・87 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for ロータス・87.

ロータス・87

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ロータス・87/87B
シルバーストーンを走行するロータス・87、2008年
カテゴリー F1
コンストラクター
ロータス
デザイナー コーリン・チャップマン
マーティン・オジルビー
先代 ロータス・88
後継 ロータス・91
主要諸元
シャシー カーボン モノコック
トレッド 1778 mm(前)/1600 mm(後)
ホイールベース 2705 mm
エンジン フォード-コスワース DFV 2,993 cc (182.6 cu in) 90度 V8
トランスミッション ヒューランド製 FGA 400 5速
重量 587 kg
燃料 エセックス (87), バルボリン (87B)
タイヤ ミシュラン, グッドイヤー (87), グッドイヤー (87B)
主要成績
チーム ジョン・プレイヤーチーム・ロータス
ドライバー
ナイジェル・マンセル
エリオ・デ・アンジェリス
ドライバーズタイトル 0
初戦 1981年モナコグランプリ
出走優勝ポールFラップ
11000
テンプレートを表示

ロータス87 (Lotus 87) は、チーム・ロータス1981年および1982年のF1世界選手権に使用したフォーミュラカーである。1981年の第6戦モナコGPから使用され、1982年の開幕戦南アフリカGPには、改良版の87Bが使用された。

概要

1981年のロータスは88での出走が認められず、序盤5戦を旧型の81で戦い、モナコGPから87を投入した。「ツインシャーシ」設計の88とは異なり、87は従来型のグラウンド・エフェクト・カーだったが、88で初採用したカーボンモノコック部分を共用しているため、マシンの随所に88のデザインが見られた。 スペインGPよりメインスポンサーが変更になり、ESSEXブルーからJPSのブラックになった。

ドライバーは、エリオ・デ・アンジェリスナイジェル・マンセル

スペック

シャーシ

エンジン

記録

1981年

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント ランキング
USA
BRA
ARG
SMR
BEL
MON
ESP
FRA
GBR
GER
AUT
NED
ITA
CAN
USA
1981 11
エリオ・デ・アンジェリス
Ret 5 6 Ret 7 7 5 4 6 Ret 22* 7位
12
ナイジェル・マンセル
Ret 6 7 DNQ Ret Ret Ret Ret Ret 4

1982年

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
RSA
BRA
USW
SMR
BEL
MON
USA
CAN
NED
GBR
FRA
GER
AUT
SUI
ITA
USA
1982 11
エリオ・デ・アンジェリス
Ret 30** 5位
12
ナイジェル・マンセル
8

* 22ポイントのうち13ポイントが87による得点。 ** 87は無得点。

ウィキメディア・コモンズには、ロータス・87に関連するカテゴリがあります。
この項目は、自動車に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(自動車ポータル/自動車PJ/乗用車PJ)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
ロータス・87
Listen to this article