ローラ・T95/30 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for ローラ・T95/30.

ローラ・T95/30

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事はフランス語版Wikipediaの対応するページを翻訳することにより充実させることができます。(2018年1月) 翻訳前に重要な指示を読むには右にある[表示]をクリックしてください。  フランス語版記事の機械翻訳されたバージョンを表示します(各言語から日本語へ)。 Googleの機械翻訳を翻訳の手がかりにすることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。 履歴継承を行うため、要約欄に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。記述方法については、Wikipedia:翻訳のガイドライン#要約欄への記入を参照ください。 翻訳後、((翻訳告知|fr|Lola T95/30))をノートに追加することもできます。 Wikipedia:翻訳のガイドラインに、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。
ローラ・T95/30
カテゴリー F1
コンストラクター ローラ
デザイナー ジュリアン・クーパー[1]
クリス・サンダース[1]
主要諸元
エンジン フォード[2]
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム Not entered
ドライバー
アラン・マクニッシュ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 -
出走優勝ポールFラップ
--00
テンプレートを表示

ローラ・T95/30 (Lola T95/30) は、1994年および1995年初旬にアラン・マクニッシュによってテストされたフォーミュラ1カー[2][3]。実戦では使用されなかった。このマシンはローラF1に復帰する際のプロトタイプとして設計された。ローラは実戦には参加せずテストを行う一方で、プロジェクトの資金が枯渇したときのために大口スポンサーを探した[1][3]。T95/30は国際自動車連盟(FIA)のレギュレーション変更によって時代遅れになったため、実戦に使用することはできなかった[3]

T95/30は以前にベネトンウィリアムズで働いていたジュリアン・クーパーとクリス・サンダースによってデザインされた。シャシーはクランフィールド・インスティチュードの40%の風洞を使用して開発された[1]。T95/30は1997年のオートスポーツショーで展示された後、最終的にコレクターズアイテムとして販売された[4]

後継マシンはローラ・T97/301997年シーズンに投入された。

参照

  1. ^ a b c d Whatever happened to Lola's F1 plans?”. GrandPrix.com. Inside F1 (1996年1月29日). 2008年12月22日閲覧。
  2. ^ a b Diepraam, Mattjis (Autumn 2001). “Lola's Grand Prix disasters”. 8W. Forix/Autosport. 2008年12月22日閲覧。
  3. ^ a b c Saward, Joe (1997年2月1日). “Technical: The Lola T97/30”. GrandPrix.com. Inside F1. 2008年12月22日閲覧。
  4. ^ ss_collins (2006年4月24日). “Lola T 97/30”. 10 Tenths Motosport Forum. 2008年12月22日閲覧。

外部リンク

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
ローラ・T95/30
Listen to this article