ワールドニュースアワー - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for ワールドニュースアワー.

ワールドニュースアワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: "ワールドニュースアワー" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2015年12月)
日本放送協会 > NHK BS1 > ワールドニュースアワー

ワールドニュースアワー英語: World News Hour)は、日本のNHK衛星第1テレビ (BS1) で放送されていた国際報道番組。実際の放送でのタイトルは英語表記になっていた。本項では「ワールドニュース」(1984年 - 2004年、2014年 - )についても触れる。

概要

NHKが放映権を持っている世界各国の放送局の報道番組を数分ずつ抜粋して順次放送する形で伝える。主音声はボイスオーバー形式の日本語通訳で、副音声は原語のままの2か国語放送を行う。

放送される放送局は、時間帯によって異なる(詳しくは後述)。通常放送する放送局で、特別番組などのために該当する時間のニュースが中止になった場合、同じ国の別の放送局のニュースを放送することもある。

2006年11月20日放送分よりデジタル放送では画角16:9(標準画質)のサイズで放送されている。しかし、サイズ変更当初はほとんどの映像が4:3で送られてきたため、両端にサイドパネルが付くが、徐々に画角16:9で送られてくるようになってきた。

変遷

ワールドニュース(1984年度から2004年度)

  • 元々、1984年に衛星放送が開始された当初から1日数時間『ワールドニュース』という番組が放送されていたが、1987年7月に衛星第1テレビが本格的24時間放送を実施するに当たり放送時間を大幅に拡大していった。

ワールドニュースアワー(2005年度から2010年度)

  • 2005年4月から2006年12月28日まで、平日17:15から17:58に『ワールドニュースアワー・アジア』(キャスター:小林央子鈴木康子城向あかり岩渕梢)を放送していたが、『アジアクロスロード[1] の開始に伴い、『ワールドニュースアワー・アジア』は翌日の午前4時10分に時間を移行[1][2]。毎回放送されていた香港・フェニックステレビの討論番組『時事弁論会』は毎週木曜日17時台に放送されるようになった。
  • 2005年9月、日曜朝8時台に放送していたイタリアRAIのニュースが終了、2006年からイギリス・BBCの番組『Newsnight』を放送。
  • 2006年まで『メジャーリーグ中継』のため、本来『おはよう世界』の枠内で放送されるアメリカ『ワールド・ニュース・トゥナイト』などを衛星第2テレビの8時台に『ワールドニュースアワー』として放送することがあった。しかし2006年11月から『ワールド・ニュース・ウィズ・チャールズ・ギブソン』の同時通訳放送が始まり、メジャーリーグ中継の時期でも『おはよう世界』の7時台でほぼ放送可能となったため、2007年以降行なわれていない。
  • 2006年10月、毎週月曜日8:15から9:59に放送していた『ワールドニュースアワー』枠が休止。月曜日に『おはよう世界』の放送がなかったためで、11月からは『おはよう世界』として放送。
  • 2007年3月25日、日曜朝8時台に放送していたイギリスITNの週間ニュース番組『World Focus』が終了、翌週からフランスFrance 2に。
  • 2010年3月29日から放送時間帯が10分繰り上がり、オープニングがリニューアル。イギリス・BBCの番組『ニュースナイト』が終了。オーストラリアABCが新たに追加、放送内容は国際放送のオーストラリア・ネットワークのものを放送。ワールドニュースアワー・アジアでは、ベトナムVTVの放送がシンガポールCNAの後になり、順番が入れ替わった。
  • 2011年3月11日、東日本大震災発生。NHKは発生当初から衛星・地上波の総合編成全チャンネルで震災特別報道を開始し、BS1独自編成も中断。3月14日から3月18日は総合テレビとの終日同時編成のため『ワールドニュースアワー』と関連各番組全部休止。3月19日から総合テレビ同時編成による震災報道を交えつつ通常編成も再開(『おはよう世界』『きょうの世界』『アジアクロスロード』を含む)するが、『ワールドニュースアワー』は引き続き総合テレビと同時の震災放送を続けるため、休止状態が続いた。2011年3月31日24時まではその震災報道を総合テレビと一部同時放送するため、22日から再開した『ワールドニュースアジア』(15時台のみ。3月31日まで)を除けば、事実上震災発生前の3月11日の12時台の放送が、3チャンネル体制での当番組の最終放送となった。

ワールドWave(2011年度から2013年度)

  • 2011年4月1日からの抜本的な編成の見直しで、『ワールドニュースアワー』『おはよう世界(日曜・祝日以外の早朝)』『きょうの世界(祝日を除く平日22時台)』の番組タイトルを統合して『ワールドWave』として放送させることになったが、基本的な進行は旧来とほとんど変わらず[3]

ワールドニュース(2014年度から2018年度)

  • 2014年3月31日からの番組改訂で「ワールドWave」が終了するのに伴い、『-モーニング』を継承する『キャッチ!世界の視点』(日曜・祝日を除く毎朝7:00から7:50、2016年4月から『キャッチ!世界のトップニュース』にタイトルが変更される)と、『-トゥナイト』を継承する『国際報道2014』(祝日を除く平日22:00から22:50、毎年1月にタイトルがその年の西暦に変更される、2020年2月現在のタイトルは『国際報道2020』、放送時間も22:40までとなっている)を除き『ワールドニュース』の題名を復活させる[4]

ワールドニュース(2019年度から現在)

  • 2019年3月31日からの番組改訂で日曜日の放送が消滅、月曜日の5時台と11時台、火曜から土曜の4時台の(編成上は月曜から金曜の28時台)と11時台、土曜日の8時台と11時台の放送も廃止された。また、月曜から金曜の8時台は7時台の『キャッチ!世界のトップニュース』と時間帯が入れ替わり、11時台は『キャッチ!世界のトップニュース』の再放送となった。

このため、 アメリカ合衆国のCNNヘッドラインニュース、インドネシアのMetroTVの放送が消滅、 アメリカABCの『ABCワールドニューストゥナイト(ウィズデヴィッド・ミュアー)』の放送はトップニュースが『キャッチ!世界のトップニュース』で同時通訳されて放送されるのみとなり、ドイツの ARDターゲスシャウの定期放送も無くなった。

  • 2019年9月30日、4K放送の開始で、『NHK BS4Kニュース』の放送が始まり、BS1でも同時放送されることにより、12時台の放送が5分短縮された。これに伴い、BBCNews at Tenが消滅し、『キャッチ!世界のトップニュース』内で取り上げるのみになった。ただ、 アメリカABCの『ABCワールドニュース』の放送、France 220 Heuresの再放送が復活した。
  • 2020年5月以後、全世界的な新型コロナウィルスの感染拡大を受け、土曜日(日中初回、夜間再放送)で、「ワールドニュース特集・新型コロナに揺れた1週間」を生放送している。これは当該1週間に放送された「ワールドニュース」で取り上げた日本国外の放送機関のニュースのうち、新型コロナウィルスに関係したニュースに特化して再編集したものである。

放送内容

ワールドニュースアワー(2011年2月)

なお、日時は日本時間 (JST) に基づき、5時を1日の基点として掲載する。

2011年3月時点でのワールドニュースアワー放送番組表
月曜日 火曜日~金曜日 土曜日 日曜日
5時台(毎日5:00-5:49)
  • アメリカ CNNヘッドラインニュース
  • オーストラリア ABC国際放送
  • イギリス BBC News at Six
  • ドイツ ZDF
  • ロシア RTR
  • アメリカ CNNヘッドラインニュース
  • ドイツ ZDF
  • イギリス BBC News at Six
  • ロシア RTR
(放送無し)
8時台(毎日8:00-8:49)[5]
  • イギリス BBC News at Ten
  • フランス France 2 20 Heures Weekend
  • スペイン TVE
  • ブラジル バンデランテス
  • カタール アルジャジーラ
  • 韓国 KBS
  • 中国 CCTV
  • アメリカ CNNヘッドラインニュース
  • フランス France 2 20 Heures Weekend
  • ドイツ ARD ターゲスシャウ(tagesschau)
  • オーストラリア ABC国際放送 Asia Pacific Focus
9時台(火曜~金曜9:00-9:20、土曜9:00-9:45)
(放送無し)
  • アメリカ ABC ワールドニュース
  • ドイツ ZDF
  • ロシア RTR
(放送無し)
12時台(平日12:00-12:49)
  • イギリス BBC News at Ten
  • フランス France 2 20 Heures
  • アメリカ ABC ワールドニュース
  • カタール アルジャジーラ
  • ロシア RTR
  • スペイン TVE
(放送無し)
15時台(平日15:00-15:15)[6][7]
(放送無し)
28時(翌朝4時)台(平日28:00-28:39 = 翌日4:00-4:39)[7]
(放送無し) (放送無し)


ワールドニュース(2014年度から2018年度まで)

2016年4月4日時点でのワールドニュース放送番組表
月曜日 火曜日金曜日 土曜日 日曜日
5時台(5:00-5:49)[8][9]
  • BBC(イギリス)
  • ZDF(ドイツ)
  • ABC(オーストラリア)
  • ロシアTV(ロシア)
  • TVB(香港)
  • NDTV(インド)
  • MERTO(インドネシア)
  • PBS(アメリカ合衆国)
  • BBC(イギリス)
  • ZDF(ドイツ)
  • ABC(オーストラリア)
  • ロシアTV(ロシア)
  • TVB(香港)
  • NDTV(インド)
  • TRT(トルコ)
(放送無し)
6時台(6:00-6:49)[8][9]
  • アルジャジーラ(カタール)
  • ロシアTV
  • BBC
  • F2(フランス)
  • ABC(オーストラリア)
  • CNN(アメリカ合衆国)
  • TVB(香港)
  • CCTV(中華人民共和国)
(放送無し)
8時台(8:00-8:49)[8][10]
  • tve(スペイン)
  • KBS(韓国)『KBSニュース広場
  • BBC
  • F2
  • バンデランテス(ブラジル)
  • ABC(アメリカ合衆国)
  • F2(フランス)
  • ARDターゲスシャウ』(ドイツ)
  • CNN(アメリカ合衆国)
  • NDTV(インド)
  • TRT(トルコ)
  • PBS(アメリカ合衆国)
11時台(11:00-11:49)[8][10]
  • ABC(アメリカ合衆国)
  • BBC
  • KBS
  • tve
  • ZDF
  • NDTV
  • ABC(アメリカ合衆国)
  • BBC
  • KBS
  • tve
  • ZDF
  • tve
  • KBS
  • BBC
  • F2
  • バンデランテス(ブラジル)
  • ABC(アメリカ合衆国)
(放送無し)
12時台(12:25-12:50)祝日は放送休止[8][10]
  • ABC(オーストラリア)
  • CNN
  • BBC
  • METRO(インドネシア)
  • アルジャジーラ
  • ABC(オーストラリア)
  • BBC
  • アルジャジーラ
  • NDTV(インド)
(放送無し)
14時台(14:30-14:50)ワールドニュース アジア(祝日は放送休止)[8][12][13]
(放送無し)
16時台(月曜16:00-16:30、他は16:00-16:50)ワールドニュース アメリカ(祝日は放送休止)[8][13]
  • ABC『ナイトライン』
  • PBS『ニュースアワー』
  • 世界の週間天気予報(NHK制作)
(放送無し)
4時台(4:00-4:39 = 28:00-28:39)ワールドニュース アジア(祝日は放送休止)[8][15]
(放送無し)
(放送無し)

ワールドニュース(2019年度から)

2019年10月1日時点でのワールドニュース放送番組表
月曜日 火曜日金曜日 土曜日 日曜日
5時台(5:00-5:44)[8][9]
(放送無し)
  • BBC  News at Six
  • CNA(シンガポール)
  • KBS(大韓民国)
  • CCTV(中華人民共和国)
  • 東方衛視(中華人民共和国)
  • MCOT(タイ)
  • ABS-CBN(フィリピン)
  • バンデランテス(ブラジル)
(放送無し)
6時台(6:00-6:49)[8][9]

(まれに枠の一部を割いて ARDターゲスシャウの放送がある)

  • BBC  News at Six(5時台に比べて短縮されているので、一部のニュースがカットされる)
  • ZDF  
  • フランス France 2 20 Heures week-end (20h week-end)
  • ロシアTV(ロシア)
  • アルジャジーラ(カタール)
  • ABC(オーストラリア)
  • ブルームバーグ(アメリカ合衆国)
  • TVB(香港)
  • TRT(トルコ)
(放送無し)
7時台(7:00-7:49)[8][10]
  • F2 20 Heures week-end (20h week-end)
  • ZDF
  • BBC(6時台に比べて短縮されているので、一部のニュースがカットされる。現地の夏時間にはNews at Tenを放送)
  • tve(スペイン)
  • アルジャジーラ
  • NDTV
  • CCTV
  • KBS(韓国)『KBSニュース広場』
  • F2 20 Heures (20h)
  • ZDF
  • BBC(5時台に比べて短縮されているので、一部のニュースがカットされる。現地の夏時間にはNews at Tenを放送)
  • tve
  • CCTV(中華人民共和国)
  • KBS(韓国)
(放送無し)
12時台(12:25-12:45)祝日は放送休止[8][10]
(放送無し)
14時台(14:30-14:50)ワールドニュース アジア(祝日は放送休止)[8][13]
(放送無し)
16時台(月曜16:00-16:30、他は16:00-16:50)ワールドニュース アメリカ(祝日は放送休止)[8][13]
  • PBS『ニュースアワー』
  • ABC『ナイトライン』
  • 世界の週間天気予報(NHK制作)
(放送無し)

スタジオ担当

  • 小穴薫(ワールドニュースアジア・14時台と、ワールドニュースアメリカのスタジオパートを担当していた)〜2016年平成28年)4月1日で降板し、代役は無し[16]。同時にKBSのVJ突撃隊も放送終了した。
日本時間未明~午前中、週末・祝日・8月15日前後のお盆休み・年末年始の番組については、原則としてスタジオ進行は無かったが、内閣総理大臣靖国神社参拝があった時は、日本国政府の声明を読み上げるため、NHKアナウンサーが臨時でスタジオ進行をした。

備考

放送時間

  • 1997年BSAT-1aに移行するまでの間(いわゆる「ゆりシリーズ」)、2-4月と9-11月の「」と呼ばれる時期があったときは深夜の放送を一部中断していたため、その時は放送休止となっていた。
  • 深夜3時台に放送していた当時は、スポーツ中継[17] が組まれている場合、深夜4時台に放送する場合があった。この場合、NHKワールドTV制作の英語ニュース番組『NHK NEWSLINE』は休止となる。(のちに3時台と4時台を入れ替えていたが、3時台の放送は廃止されている)
  • 祝日(1日の基点・祝日当日の午前5時から翌平日の午前5時まで)、およびお盆休み・年末年始(それぞれ1~2週間程度)やスポーツ中継などのために休止・時間変更となる場合がある。逆に『おはよう世界』(現・『キャッチ!世界の視点』)が同じ理由で休止になった場合、この番組が放送されることもある(配列は7時台の内容にほぼ準じているが、スタジオ進行のパートがない)。また年末年始は日によっては『ワールドニュース』をも放送せず、別の番組(スポーツ中継、ドキュメントのアンコール番組他)に切り替えることもある
  • 毎年4月から10月にかけてメジャーリーグ中継が実施される時期は、中継と重なる時間帯の『ワールドニュースアワー』を放送しない場合がある(特に8~9時台の放送。試合日によってはメジャーリーグが現地日中のデーゲームで開催される試合を放送することがあり、その場合は3~5時台とも重なる)。毎年1月のNFLスーパーボウルや6月のNBAファイナルの中継でも、同様の措置をとる場合がある。なお、2014年からの『ワールドニュース』では、2011年4月から実施しているマルチチャンネル編成を生かし、スポーツ中継と並列で放送する場合は、102chのサブチャンネルを使って放送する。
  • 野球シーズンオフとなる11月から翌年3月は通常6時台・7時台に送る『おはよう世界』を8時台にも拡大して放送していたが、基本的に配列は『ワールドニュースアワー』のものと同じ。但し『おはよう世界』として放送する場合は東京のスタジオからの進行部分があった。またまれに4~10月でもスポーツ中継の編成の関係上8時台も『おはよう世界』として放送する日もあった。
  • オリンピック期間中は、8時台を除き、マルチ編成もされず、放送は休止されるが、日本時間とほぼ同じ時間帯で行われた2008年北京オリンピックの特別編成期間中・祝日は主に6時台と7時台に集中放送を行っていた。
  • 現在も特例でスタジオパートがない時間でも、特に世界的な関心がある話題がある時には臨時にスタジオパートを設ける場合がある。

その他

  • 2010年度までの5時台の『ワールドニュースアワー』で放送されるニュースは6時台の『おはよう世界』でも扱われ、同じ映像・音声が使われていた。
  • 平日深夜の放送については、各種EPGでは『ワールドニュースアワー・アジア』または「アジアニュース」と表記されていたが[18]、2010年3月30日放送からは、オープニング時に『World News Hour アジア』とタイトルが表示される様になった。2010年7月6日放送分からは、韓国KBS以外の全ての4:3映像の両脇に青いバー(略字である「WNHアジア」と書かれたもの)が挿入され、擬似16:9の映像に作り変わった。
  • 2か国語放送である場合、2009年度までは「原語は副音声で放送しています」という字幕があったが、2010年度は「[主]日本語、[副]原語」と表示されている。またそれぞれの番組の冒頭には、番組の日本標準時での放送開始時刻を掲示している。なお「2か国語」のテロップは、各国のニュース番組開始時毎に表示している。
  • ブルームバーグが放送される場合はニューヨーク証券取引所の為替や株式の指標が字幕で表示されるが、録画放送であるため「ご覧の為替や指標は、放送時点の速報値です。」との字幕を表示する。
  • 2015年からリニューアルされたNHKデータオンラインデータ放送)のサービスでは、「世界の放送局」のページで、「ワールドニュース・アジアの14時台」、および派生企画の「キャッチ!世界のトップニュース(旧 キャッチ!世界の視点)」「国際報道2020」で取り上げた内容から抜粋して、日本語音声を文字起こしで文章を掲載している。原則1日2回(午前・午後)更新であるが、土曜日は午前のみ。日曜日国民の祝日は原則として更新なしで、直近の平日(土曜日)の内容をそのまま収録。
    • ゴールデンウィークお盆休み年末年始近代オリンピック夏季冬季)開催期間中は、これらの番組が休止(「トップニュース」と「-アジア」の当該時間帯は、進行パートなしの「ワールドニュース」として放送。「国際報道」は別の番組に変更するため。年末年始とオリンピック期間中については「トップニュース」「-アジア」の時間も別番組差し替え)となるため、この期間は「放送休止のお知らせ」のみを掲載する。

脚注

  1. ^ a b 17時台の『ワールドニュース・アジア』のキャスターは事実上『-クロスロード』に異動し、放送時間の異動に伴って早朝放送になってからは全体進行者が無くなる。
  2. ^ 『アジアクロスロード』は2011年・2012年度は『ほっと@アジア』として継続したが、2013年からワイド枠を解消し、『ワールドWaveアジア』を15時台と17時台(ワイド番組内包)を統合して放送し、解説員による解説コーナーを含む各種コーナーは廃止された。
  3. ^ 『おはよう世界』は『ワールドWaveモーニング』、『きょうの世界』は『ワールドWaveトゥナイト』にそれぞれ改題して前番組から機能を引き継ぐ。
  4. ^ NHK平成26年度(上半期)放送番組時刻表 より。
  5. ^ 11月~翌年3月の平日(まれに4~10月でもスポーツ中継の都合によって)は『おはよう世界』としてキャスターの進行入りで放送。
  6. ^ 月曜のみ15:17まで。
  7. ^ a b 「ワールドニュース・アジア」として放送。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n スポーツ中継があるとき、サブチャンネル (102) を使ったマルチ編成で放送する場合もある。
  9. ^ a b c d 日・月曜日もメインチャンネル (101) で「PGAツアー中継」などがない場合にも放送することあり。
  10. ^ a b c d e メインチャンネル (101) では大リーグ中継などのスポーツ中継がない場合を中心に放送。
  11. ^ 冬時間(通常時差)適用時は日本時間8:40頃に現地夜のニュースを10分程度の遅れで放送する。夏時間適用時は日本時間7時台の放送のため放送時間は不定である。
  12. ^ 2013年度の「ワールドWaveアジア」で放送した17時台(17:30-17:50)のパートの時間枠を移転したうえで継承。
  13. ^ a b c d 大相撲中継(奇数月)実施日はメインチャンネル (101) のみで放送。
  14. ^ 2011~13年度の「ワールドWave」16時台のパートをそのまま継承。
  15. ^ タイムテーブル上では月~金曜日深夜扱い。2011~13年度の「ワールドWaveアジア」4時台のパートをそのまま継承。
  16. ^ キャッチ!世界の視点の番組紹介ページ
  17. ^ 9~10月のNFL中継。まれに4~10月に『NHKプロ野球』の延長で前夜21時台に放映が出来なかった『MLBハイライト』の延期放送もある。
  18. ^ NHK公式サイトとデジタル放送のBS1のEPGでは「ワールドニュースアワー・アジア」と記載されており、朝日新聞夕刊、産経新聞は「アジア(N)」。共に2009年9月2日付。

関連項目

外部リンク

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
ワールドニュースアワー
Listen to this article