一揆(いっき)とは、日本において、一つの目的のために成立した集団の組織またはその行動を意味した概念[1]

一揆の史学における研究は、中世の一向一揆土一揆などから深められたため、民衆の一揆として捉えられ、領主(支配者)から禁じられるべきもので、民集の結合や暴動であるというイメージで捉えられるようになったとの指摘がある[2]。しかし、例えば肥前松浦党は一揆契諾書に署名して結束を確認していた[3]。日本史研究の初期の歴史学ではこれらの武士の結合は「党」(肥前国の松浦党や紀伊国の隅田党など)と呼び、一揆とは異なる継続的な政治的組織として分けて考えていた[2]。これに対しては勝俣鎮夫などから中世の一揆について必ずしも反権力的なものに限られず、むしろ特定の作法や儀礼によって結ばれた組織であると主張されるようになった[2]。また、近世の一揆についても、『編年百姓一揆史料集成』での調査から江戸時代の百姓一揆に武器が携行・使用された例は全体の1%弱であることがわかっている[4]。こうしたことから歴史学における一揆のイメージの転換も示唆されるようになっている[2]

なお、ドイツ語Putsch[5]の訳語としても使われる(カップ一揆や、ミュンヘン一揆など)。