三箇頼照 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 三箇頼照.

三箇頼照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三箇 頼照(さんが よりてる)は、三好長慶の家臣でキリシタン(洗礼名はサンチョ)。大和国(現・奈良県)の宇智郡の土豪出身で畠山政長に伴って河内に進出したという説あり(天理参考館会誌)。

三好長慶が本拠とした飯盛山城の支城であった三箇城(現・大東市三箇にあったとされる)の城主[1]永禄5年(1562年)、飯盛城でロレンソ了斎の説教を聞いてキリシタンになった73人の武士の1人(ルイス・フロイス・「日本史」)。熱心なキリシタン城主で、自分の領地内に教会を建て、多くの領民をキリシタンに改宗させた。最終的には、本能寺の変に際して、明智光秀側についたため、秀吉方に攻め滅ぼされた。

脚注

  1. ^ 展示品検索 | 大阪ミュージアム”. 2021年1月18日閲覧。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
三箇頼照
Listen to this article