下間仲玄 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 下間仲玄.

下間仲玄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

下間 仲玄(しもつま なかはる、天正13年(1585年) - 正保3年11月19日1646年12月25日))は、江戸時代の僧。西本願寺の家臣。下間頼廉の3男。頼亮宗清の弟。子に仲虎。幼名は虎寿、通称は源之丞、少輔、刑部卿。法名は了悟、了意。

慶長5年(1600年)から奏者として本願寺に出仕、慶長7年(1602年)の本願寺の東西分裂では西本願寺の准如に従い、慶長9年(1604年)から法橋、法眼に進み、寛永14年(1637年)に法印に任ぜられた。正保3年(1646年)、62歳で死去。子の仲虎が後を継いだ。

仲玄の系統は通称から刑部卿家と呼ばれ、下間氏の一流として西本願寺に仕えた。

参考文献

関連項目

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
下間仲玄
Listen to this article