今村慶満 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 今村慶満.

今村慶満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 
今村慶満
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
別名 通称:源介
官位 紀伊
主君 細川国慶氏綱
氏族 今村氏
父母 父:今村浄久
兄弟 慶満、政次[1]?
政次?
テンプレートを表示

今村 慶満(いまむら よしみつ)は、戦国時代武将細川氏の家臣。今村政次の兄あるいは父[2]。なお、近年の研究では近世の今村氏の系譜は慶満の弟の政次(後に慶政)と子の一慶が混同され、更に政次(慶政)の子で近世今村氏の祖に相当する甚太郎某の存在が忘れられたために慶満を直接の祖とする系譜が作成されてしまったとする指摘がある[3]

今村氏は渋谷越を中心とした流通に基盤を置き、天文から永禄年間(1532年 - 1570年)にかけて活動した。弟あるいは子の今村政次は山科から渋谷越を通り洛中に至る経路についてや塩合物を中心に扱っていた問屋で、一帯の通行に特権を有していたらしい[4]

今谷明の1980年代の研究において、慶満は三好一族や松永氏を除けば三好政権中の最も有力な被官であったと評価されていた[5]。しかし、近年になって、今村慶満・小泉秀清が細川国慶・氏綱の被官として京都支配に関わっていたことが明らかになった[6]

ただし、永正の錯乱以来の細川氏の内紛に今村氏もまた翻弄され、慶満は細川国慶氏綱の被官となり、父・浄久と弟の政次は細川晴元波多野秀忠の被官となったことが確認される。もっとも、浄久と慶満の行動は無関係もしくは敵対的なものでなかったらしく、天文14年(1545年)頃に浄久は国慶とのつながりを疑われて晴元に「成敗」されている(ただし、最終的には助命されたらしく、天文20年(1551年)頃まで浄久の活動がみられる)[7]

天文19年(1550年)、慶満は、小泉秀清と共に細川晴元方の軍勢と戦っている。天文22年(1553年)には、山科や粟田口周辺で六角氏の軍勢を撃退し、足利義輝方の松田監物や礒谷氏らの籠城する東山霊山城を陥落させた(東山霊山城の戦い)。

慶満は各地の押領を行い、特に「汁谷口」(渋谷口)を含むと思われる内蔵寮率分関を押領したことが有名である[8]。さらに東寺領の柳原・西九条の散所や声聞師村との関連が窺われ、被差別民に対して何らかの権益を保持していたと思われる。今村氏は京都の南東に拠点を有していたが、今村弥七(後の浄久)は法性寺東福寺と密接な関係を持ち、後に法性寺から柳原に拠点を移して勢力を伸ばしたことが確認されている[9]。また、渋谷越とさほど離れていず、大和大路を押さえる位置に、今村城という城郭を有していたとされ[10]、また渋谷越付近にある阿弥陀ヶ峰城を使用した可能性もある[11]

脚注

  1. ^ 東寺百合文書』二函426号では弟と記されている。
  2. ^ 東寺百合文書』二函426号においては、政次は「慶満の弟である」と記されている。
  3. ^ 馬部隆弘、2018年、P635-641.
  4. ^ 「別本賦引付」天文11年12月13日付今村政次申状
  5. ^ 『室町幕府解体過程の研究』第2部第5章
  6. ^ 馬部隆弘「細川国慶の上洛戦と京都支配」(『日本史研究』第623号、2014年7月)
  7. ^ 馬部隆弘、2018年、P635-637・645-649.
  8. ^ 『言継卿記』天文十八年八月二十七日条他
  9. ^ 馬部隆弘、2018年、P641-645.
  10. ^ 『雍州府志』、「京都市内およびその近辺の中世城郭――復元図と関連資料――」
  11. ^ 『第53トレンチ』

参考文献

  • 今谷明『室町幕府解体過程の研究』岩波書店、1985年
  • 京都大学考古学研究会『第53トレンチ』、2012年
  • 山下正男「京都市内およびその近辺の中世城郭――復元図と関連資料――」『京都大学人文科学研究所調査報告』第35号、1986年。
  • 河内将芳『中世京都の民衆と社会』思文閣出版、2000年
  • 馬部隆弘「細川京兆家の内訌と京郊の土豪 -今村家の動向を中心に-」(初出:『史敏』通巻15号(2017年)/所収:馬部『戦国期細川権力の研究』(吉川弘文館、2018年) ISBN 978-4-642-02950-6

関連項目

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
今村慶満
Listen to this article