伊勢物語拾穂抄 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 伊勢物語拾穂抄.

伊勢物語拾穂抄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2020年8月) 独立記事作成の目安を満たしていないおそれがあります。(2020年8月)

伊勢物語拾穂抄』(いせものがたりしゅうすいしょう)は、北村季吟による『伊勢物語』の注釈書。刊行は延宝8年(1680年)だが、寛文3年(1663年)以前には成立していた。細川幽斎の『伊勢物語闕疑抄』と師匠である松永貞徳の説を中心に、『伊勢物語愚見抄』、『伊勢物語肖聞抄』、『伊勢物語惟清抄』などを取捨選択し、そこに愚案として北村季吟自身の説を記した諸注集成である。『源氏物語湖月抄』や『枕草子春曙抄』などと同じく、本文をすべて掲げ、そこに頭注、傍注などを施したものである。

関連項目

ポータル 文学
この項目は、書籍に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(PJ出版・PJ書物/P書物)。項目が文学作品の場合には ((Lit-stub)) を、漫画の場合には ((Manga-stub)) を貼り付けてください。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
伊勢物語拾穂抄
Listen to this article