佐久間盛重 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 佐久間盛重.

佐久間盛重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 
佐久間盛重
佐久間大学(月岡芳年画)
時代 戦国時代
生誕 生年不詳
死没 永禄3年5月18日1560年6月11日)?
別名 大学允、大学助
主君 織田信秀信行信長
氏族 佐久間氏
父母 佐久間盛経
奥山盛昭、娘(新庄直頼室)、娘(佐久間盛政室)
テンプレートを表示

佐久間 盛重[1](さくま もりしげ)は、戦国時代の武将。大学允、大学助。織田氏の家臣。

概略

五器所城主。はじめ、織田信長の弟・信行(信勝)付きの家老で、天文20年(1551年)の信秀の葬儀では、信行に供奉している(『信長公記』)。

弘治2年(1556年)、信長と信行の兄弟が対立した際、盛重は信行付きの家老という立場であったが、織田家臣の多くが信行方に走る中、同族の佐久間信盛[2]らとともに信長方に味方した。信長が信行方の柴田勝家林秀貞と合戦(稲生の戦い)を行った際は名塚砦を堅持した。その際、信行方の橋本十蔵を討ち取った。

永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いでは、その前哨戦において丸根砦を守備し、近隣の鷲津砦と連携して今川方の尾張侵攻の拠点である大高城を牽制する任を担ったが、大高城救援のため出陣した今川方の部将の松平元康(後の徳川家康)勢の攻撃により丸根砦は陥落、盛重は戦死した。「三河物語」では「打モラサレて落て行」ったとしているが、いずれにせよその後の記録は無い。

盛重の子、盛昭は姓を「佐久間」から「奥山」へ変え、丹羽長秀豊臣秀吉に仕えた。娘は新庄直頼佐久間盛政に嫁いだという(『寛政重修諸家譜』)。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 諱は「盛重」とされるが、文書等の裏付けは存在しない。
  2. ^ 山岡荘八の小説『織田信長』では、信盛の弟と設定されている。

参考文献

  • 菊池寛 『桶狭間合戦』 文春文庫、1987年。 

関連項目

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
佐久間盛重
Listen to this article