北海道立産業共進会場 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 北海道立産業共進会場.

北海道立産業共進会場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年12月)
北海道立産業共進会場
正面から撮影
地図
情報
正式名称 北海道立産業共進会場
完成 1972年
開館 1972年7月
閉館 2016年3月31日
収容人員 5,831人
客席数 固定席3,331席(強化プラスチック椅子)
仮設席2,500席(折りたたみ椅子)
延床面積 8,132.06[1][2]
用途 展示会、スポーツ、コンサート
運営 一般財団法人北海道体育文化協会[3]
所在地 062-0053
札幌市豊平区月寒東3条11丁目1-1
位置 北緯43度1分38.7秒 東経141度24分45秒 / 北緯43.027417度 東経141.41250度 / 43.027417; 141.41250座標: 北緯43度1分38.7秒 東経141度24分45秒 / 北緯43.027417度 東経141.41250度 / 43.027417; 141.41250
最寄駅 地下鉄東豊線福住駅
最寄バス停 北海道中央バス「月寒東3条11丁目」停留所
最寄IC 道央自動車道大谷地IC
グリーンドッグ
グリーンドッグ

北海道立産業共進会場(ほっかいどうりつさんぎょうきょうしんかいじょう、1972年7月開場[1] - 2016年3月31日閉鎖[4])は、北海道札幌市豊平区にあった施設[4]。愛称は「月寒ドーム[4]

概要

1968年の北海道百年記念事業の一環として1972年7月に開業[5]。4年ごとに開かれる北海道総合畜産共進会や競走馬の競り市といった畜産関係の催事会場としての利用を主目的として館外には牛馬をつなぐ設備も設けられたが[5]、北海道における産業の振興および生活文化の向上を図る事を目的に多目的な使用も想定されており博覧会、スポーツ、コンサート、各種見本市、自動車販売等のイベントにも使用された[6][5]。その一方で周辺の宅地化が進展するに伴い家畜の臭いへの苦情も生じ1986年を最後に畜産関係の利用を終了[5]

また、敷地内には有料のドッグラン(グリーンドッグ)が開放されていた[7][8]

愛称「グリーンドーム」は、周辺に北海道農業専門学校ツキサップじんぎすかんクラブがあり、牧草地や並木道といった豊かな緑に囲まれている立地条件からこのような旧称が付けられた。なお屋根の色は色である[要出典]

2009年(平成21年)9月には、施設の老朽化が進み維持管理の負担が増加する一方で建設当時と比べ大規模屋内施設が増加したことを理由に2015年度(平成27年)を目処に廃止する方針を固め[9]、2016年(平成28年)3月31日に閉鎖された[4]。 2016年(平成28年)度中に売却及び解体を検討するとしていたが[10][11][12][注釈 1]、最終的に2018年(平成30年)4月末時点で建物は解体。

跡地には大和リースが手掛ける大型商業施設が2019年6月に完成する予定とし[14]、「ブランチ札幌月寒」として2019年7月19日に一部店舗を先行開業し10月23日に全面開業する[15]

施設概略

  • 敷地面積:122,700.8m2[1][2][12]
  • 建築面積:6,641.9m2[1][2]
  • 延床面積:8,132.06m2(1F 6040.44m2,2F 2091.62m2)[1][2]
  • アリーナ面積:2,532m2(最長65m×54m)[2]
バレーボールバスケットボールハンドボールフットサルテニス格闘技体操などといった屋内競技・展示会に利用できる[1][16]野球ソフトボールサッカー(除フットサル)などは試合での使用は不可。(練習に使うことは可能)[要出典]

沿革

所在地

  • 北海道札幌市豊平区月寒東3条11丁目1-1

周辺

交通

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ その間2017年6月10日から8月29日まで、木下大サーカスがグリーンドーム駐車場の一部を使って興行を行っていた[13]
  2. ^ 2012年(平成24年)11月、道は、北翔クロテックが契約を断った客に執拗(しつよう)に勧誘を続けるなど違法勧誘行為を繰り返していたとして、3カ月間の一部業務停止を命じていたが[23]、その後12月10日付で命名権を解除した[24]
  3. ^ 月寒ドーム閉鎖後は「月寒東3条11丁目」に改称された[27]

出典

  1. ^ a b c d e f g “ケーズデンキ月寒ドーム(北海道立産業共進会場)の屋内展示場の閉鎖について” (PDF) (プレスリリース), 北海道農政部農政課, (2016年1月6日), http://www.pref.hokkaido.lg.jp/file.jsp?id=873671 2016年12月11日閲覧。 
  2. ^ a b c d e [ご利用ガイド], p.08
  3. ^ a b “月寒ドーム跡地3.7万坪どうなる?旧自衛隊札幌病院と並ぶ巨大敷地”. リアルエコノミー. (2016年1月15日). http://hre-net.com/keizai/keizaisougou/17487/ 2016年12月11日閲覧。 
  4. ^ a b c d e “月寒ドーム閉鎖 札幌 44年の歴史に幕”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2016年4月1日) 
  5. ^ a b c d 北海道)月寒ドーム、時代の変化映した会場に幕 - 朝日新聞DIGITAL(2016年4月6日)
  6. ^ “グリーンドーム尽きぬ思い出 きょう閉鎖 市民から惜しむ声”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2016年3月31日) 
  7. ^ [ご利用ガイド], p.07
  8. ^ a b “3月末閉鎖の札幌・月寒ドーム敷地内 ドッグラン存続へ署名運動、愛犬家に人気”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2016年1月28日) 
  9. ^ “月寒ドーム 廃止方針 中古車販売の業者ら「残念」”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2009年9月10日) 
  10. ^ “月寒ドーム3月末閉鎖 北海道、解体や売却検討”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2016年1月7日). http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0220246.html 2016年12月11日閲覧。 
  11. ^ “月寒グリーンドーム跡地は札幌市と譲渡協議へ - 他の取得希望なく”. 北海道建設新聞 (北海道建設新聞社). (2016年6月8日). http://e-kensin.net/news/article/9104.html 2016年12月11日閲覧。 
  12. ^ a b “北海道農政部/産業共進会場(札幌市)活用/17年2月にも事業者公募”. 日刊建設工業新聞 (日刊建設工業新聞社): p. 6. (2016年9月5日). http://www.decn.co.jp/?p=76093 2016年12月11日閲覧。 
  13. ^ 木下大サーカス!5年ぶりの札幌公演!”. 札幌市議会議員 小竹ともこオフィシャルブログ. CyberAgent (2017年6月3日). 2018年12月22日閲覧。
  14. ^ “グリーンドーム跡地の複合商業施設 起工式”. どさんこワイド!!朝!. 札幌テレビ放送. (2018年10月12日). https://www.stv.jp/tv/dosanko_asa/oamemo/u3f86t000004i12w.html 2018年12月22日閲覧。 
  15. ^ 「ブランチ札幌月寒(つきさむ)」グランドオープン(ニュースリリース) - 大和ハウス工業(PR TIMES 2019年10月17日)
  16. ^ [ご利用ガイド], p.11
  17. ^ “華やかに前夜祭”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1982年6月12日) 
  18. ^ “食の祭典、苦い閉幕。赤字は90億円突破の公算-入場176万人、最終日は皮肉にも最高の12万人”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1988年10月11日) 
  19. ^ “華やかに前夜祭”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1992年6月27日) 
  20. ^ 協会の沿革”. 一般財団法人北海道体育文化協会. 2016年12月11日閲覧。
  21. ^ “きょうから「アルファコート」 グリーンドーム 看板を付け替え”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2007年9月1日) 
  22. ^ “現代かわら版 施設の命名権契約 明暗くっきり セキスイハイム・北翔クロテック・ニトリ…”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2010年3月31日) 
  23. ^ “北翔クロテック:道が一部業務停止命令 違法勧誘で”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2012年11月21日). http://mainichi.jp/area/hokkaido/news/20121121hog00m010001000c.html 2016年12月11日閲覧。 
  24. ^ “北海道立産業共進会場におけるネーミングライツの解除について” (プレスリリース), 北海道農政部農政課, (2013年3月29日), http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/sum/fm/241210nrkaijyo.htm 2016年12月11日閲覧。 
  25. ^ “デンコードーが道立産業共進会場の命名権取得「ケーズデンキ月寒ドーム」に”. リアルエコノミー. (2014年5月4日). http://hre-net.com/keizai/ryutu/10546/ 2016年12月11日閲覧。 
  26. ^ “まるい屋根とお別れ 月寒グリーンドーム解体”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2018年4月24日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/183290?rct=n_hokkaido 2018年4月24日閲覧。 
  27. ^ “バス停の名称の変更について” (PDF) (プレスリリース), 北海道中央バス, (2016年4月1日), http://www.chuo-bus.co.jp/main/feature/dia/pdf/teimei_sap.pdf 2016年12月11日閲覧。 

参考資料

外部リンク

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
北海道立産業共進会場
Listen to this article