匿名Aによる論文大量不正疑義事件とは、2015年の年頭に発生した、80本を超える医学論文について研究不正の疑義が指摘された事件の通称。「匿名A」はこの指摘を行った人物が用いたハンドルネームである[1]STAP細胞事件よりもはるかに重大な事件に発展する可能性があるといわれている[2]。ノーベル賞受賞者を含めた学術関係者に衝撃を与えた[3]