半井卜養 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 半井卜養.

半井卜養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

半井 卜養(なからい ぼくよう、1607年慶長12年) - 1679年2月7日延宝6年12月26日))は、江戸時代前期の医師および狂歌師俳人歌人。祖父は連歌師牡丹花肖柏。別号は慶友、云也、宗松など。出身は和泉国

概要

生家は堺の名医半井家で、父の薫陶を受けて俳諧や狂歌に親しみ、俳諧を松永貞徳に学ぶ[1]。寛永年中からたびたび江戸に下り、1653年承応2年)以前に医師として幕府に仕えるようになり、そこで斎藤徳元高島玄札石田未得らと交流した[1]。幕医として大名旗本と交流するにつれ、狂歌に熱意を傾けた。没後に『卜養狂歌集』が刊行され、100回忌には『卜養狂歌集拾遺』が刊行されるなど、狂歌の名人として評価された[1]

卜養の父と卜養は同じ号を用いたため、しばしば混同される。父は卜養・云也・慶友という号を共用したが、俳書入集の際は云也を用いた[2]。一方、卜養ははじめ慶友を名乗り、1633年(寛永10年)~1636年(寛永13年)頃に卜養と号するようになった[2]

脚注

  1. ^ a b c 岡本勝雲英末雄編 『新版 近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、269頁。 
  2. ^ a b 森川昭 (1959). “「慶友」と「卜養」は同一人か”. 連歌俳諧研究 (俳文学会) 1959: 1-8. doi:10.11180/haibun1951.1959.19_1. 
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
半井卜養
Listen to this article