吉川経茂 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 吉川経茂.

吉川経茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 
吉川経茂
時代 鎌倉時代後期
生誕 不明
死没 不明
別名 次郎太郎、二郎太郎[1]、浄省(法名)[1]
主君 吉川経高
氏族 藤原南家工藤流吉川氏
父母 父:吉川経光[1]
兄弟 経高[1]、経盛[1]経茂、経信[1]、経時
孫夜叉(永安兼栄女)
経貞[1]経任経兼[1]吉川経盛
テンプレートを表示

吉川 経茂(きっかわ つねしげ)は、鎌倉時代後期の武士石見吉川氏の祖。

生涯

吉川経光の子として生まれる。妻に石見国国人の娘を迎え、妻の所領である石見永安別符に入って、家中を取り仕切っていたと推測される。この頃の吉川氏安芸国大朝荘に所領を得ていたため、経茂は正和2年(1313年)に、兄経高が安芸に下向するより前に、安芸の所領を管理していたものと推測される。

兄から石見津淵荘の地頭職を与えられ、石見吉川氏の初代となる。娘を甥であり安芸吉川氏当主の吉川経盛に嫁がせている。このことからも安芸吉川氏を補佐する役割として宗家からも重要視されていたことが窺える。

孫夜叉

妻の孫夜叉は石見の国人永安兼栄の女で、経茂の死後出家して良海と称する。家督は子経任に継がせるも、正平4年/貞和5年(1349年)に廃嫡。三男の経兼にその所領を継承させた。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 今井尭ほか編 1984, p. 333.

参考文献

  • 今井尭ほか編『日本史総覧』3(中世 2)、児玉幸多小西四郎竹内理三監修、新人物往来社、1984年3月。全国書誌番号:84023599ISBN 4404012403NCID BN00172373OCLC 11260668ASIN B000J78OVQ
  • 岡部忠夫編著『萩藩諸家系譜』琵琶書房、1983年8月。全国書誌番号:84027305NCID BN01905560ASIN B000J785PQ
  • 北広島町史
  • 中国新聞社『歴史紀行 安芸吉川氏』新人物往来社、1988年6月。ISBN 4-404-01517-8
  • 萩藩閥閲録
  • 吉川家文書
  • 日本人名大辞典

関連項目

  • 三隅氏
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
吉川経茂
Listen to this article