吉川重吉 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 吉川重吉.

吉川重吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

吉川 重吉
(きっかわ ちょうきち)
吉川 重吉(きっかわ ちょうきち)
生年月日 安政6年12月24日1860年1月16日
出生地
大日本帝国岩国藩横山仙鳥屋形
没年月日 1915年大正4年)12月27日享年56)
死没地
大日本帝国
出身校
アメリカ合衆国ハーバード大学
称号 従三位
勲三等瑞宝章
配偶者 吉川 須賀子(旧・大洲藩加藤泰秋の娘)
子女 吉川元光
吉川重国
原田熊雄
和田小六
獅子文六

在任期間 1893年(明治26年)6月 - 1915年大正4年)12月27日
テンプレートを表示

吉川 重吉(きっかわ ちょうきち、安政6年12月24日1860年1月16日) - 1915年大正4年)12月27日)は、旧・岩国藩吉川家の一族。外務官僚貴族院男爵議員。父は吉川経幹は最後の岩国藩主吉川経健。爵位は男爵大洲藩最後の藩主加藤泰秋の娘・須賀子。子は男子が吉川元光吉川重国。娘たちは原田熊雄和田小六獅子文六に嫁いでいる。

生涯

安政6年12月(1860年1月)、吉川経幹の三男として、岩国横山の仙鳥屋形で生まれる。文久3年(1863年)には名目的ではあるが、子のなかった毛利敬親の養子となる。

1871年明治3年)に岩倉使節団に同行してアメリカへの留学を果たす。同行者は岩倉具視木戸孝允大久保利通伊藤博文山口尚芳佐々木高行山田顕義田中光顕田中不二麿など当時の要人の他、旧・大名家・公家の子弟としては他に、岩倉具綱(具視の養子)、大久保彦之進牧野伸顕山県伊三郎等が参加。鍋島直大前田利嗣前田利同黒田長知鳥居忠文大村純煕毛利元敏等もいた。重吉の従者として、岩国藩士の子でのちにペルーの日本人移民事業の立役者となった田中貞吉(安政4年(1857年) - 1905年明治38年))が同行した[1]

1883年(明治16年)、留学先のハーバード大学卒業。帰国後に井上馨の強い勧めもあり外務省に入省、公信局に配属される。1886年(明治19年)にはベルリン公使館二等書記官となり、西園寺公望に従ってドイツへ赴任。その後、外務省を退職し、ドイツ・ハイデルベルヒ大学へ留学するも、吉川経健補佐のために中途で帰国。1891年(明治24年)11月21日に華族になり、男爵に叙任された、翌年には最後の大洲藩加藤泰秋の娘、須賀子と結婚する。

1893年(明治26年)6月、貴族院議員に補欠選挙で当選し、亡くなるまで在職した。1910年(明治43年)に建築家ジェームズ・ガーディナーによって自宅を建築。1915年大正4年)に南洋協会の設立に参加、副会頭となったが、同年末に死去した。享年56。

死後、その遺志によって岩国徴古館が建設されるに至った。墓所は谷中霊園にある。

松陰神社世田谷区)に重吉が寄贈した石燈篭が残っている。また、谷中霊園の墓所にはアメリカ・ハーバード大学寄贈の石灯籠がある。

栄典

位階
勲章

子孫

  • 和田昭允(外孫:生物物理学者 東京大学名誉教授 元・東京大学理学部長 元・日本学術会議第四部長 元・理化学研究所ゲノム科学総合研究センター所長)

著書

  • The Autobiography of Baron Chokichi Kikkawa1925年
  • 『吉川重吉自叙伝』 尚友倶楽部史料調査室編 (芙蓉書房出版「尚友ブックレット」、2013年

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 田中貞吉とペルー移民事業 移民送り出しまでの前史の分析 [リンク切れ] - 大島正裕、海外移住資料館研究紀要12号
  2. ^ 官報』第1024号「叙任及辞令」1915年(大正4年)12月29日。
  3. ^ 『官報』第1024号「叙任及辞令」1915年(大正4年)12月29日。
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
吉川家(分家)初代
1891年 - 1915年
次代:
吉川重国
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
吉川重吉
Listen to this article