吉田啓一郎 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 吉田啓一郎.

吉田啓一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この存命人物の記事には、出典が全くありません。 信頼できる情報源の提供に、ご協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2011年1月)

吉田 啓一郎(よしだ けいいちろう 1947年1月1日 - )は、日本映画監督、テレビ演出家 。妻は女優の田村友里

経歴

福岡県北九州市出身 明治大学中退。1969年よりフリーの助監督として活動し、主に五社英雄らに師事。テレビでは『華麗なる刑事』『大都会 PARTII』『大捜査線』などにチーフとして就き、1983年監督デビュー。映画の本数は少ないものの、テレビドラマ(主に二時間ドラマ、時代劇)で実績を重ね、現在でもゴールデン枠のテレビドラマのレギュラーシリーズを二本持つ。

2003年、『西部警察2003』の撮影中に人身事故が発生し、プロデューサーの小林正彦らと共に業務上過失致傷罪に問われている。

代表作品

テレビドラマ

劇場映画

  • マリーの獲物(1996年)

関連人物

この項目は、人物に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:人物伝、Portal:人物伝)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
吉田啓一郎
Listen to this article