哀しみのベラヴィア

ウィキペディア フリーな 百科事典

哀しみのベラヴィア (bellavia)は、チャック・マンジョーネが1975年に発表した、アルバム及び楽曲である[1]。レーベルはA&Mレコード

日本では、邦題として「哀しみ」が付けられていることが多い。この曲で、マンジョーネは初めてのグラミー賞を受賞した。彼の代表曲の一つで、CD化もされたが、現在は廃盤になっている。

1978年に発表し、二度目のグラミー賞獲得作品となった、アルバム『サンチェスの子供たち』にも同曲が新録された。