壺井義知 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 壺井義知.

壺井義知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: "壺井義知" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2016年10月)

壺井 義知(つぼい よしちか(よしとも)、明暦3年2月9日1657年3月23日) - 享保20年10月24日1735年12月8日))は、江戸時代有職故実家。

河内国出身。初名は韶政、字は子安、通称は安左衛門、字は子安、鶴翁・鶴寿と号し、堂号に温故軒。

信州加賀を遍歴した後京に出て貞享2年(1685年四辻家に仕え、平田内匠に官職を学ぶ。公家の典拠故実に通じ、多くの著述をなし、和歌をもよくした。

著書

  • 『官職浮説或問』(宝永6年(1709年))
  • 『職原抄弁疑私考』
  • 『装束要領抄』
  • 『文飾推談』
    装束の文様の持つ意義を研究(たとえば蝶丸は蚕の意味で子孫繁栄の象徴であるなど)。霊元上皇の天覧に供され、「其論弁之明且正」を褒める女房奉書を下賜されたという。(蓬左文庫蔵本奥書。天覧の件は『関秘録』にもみえる)
この項目は、学者に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(PJ:人物伝/P:教育)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
壺井義知
Listen to this article