For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 官職要解.

官職要解

官職要解(かんしょくようかい)は1902年に、和田英松が刊行した日本の前近代の官職の沿革について述べた本である。

和田は日本の国史国文学を学ぶ上で官職制度の変遷とその内容を知る必要があるにも関わらず、適切な解説書が無い事から、1900年以来『国語漢文講義録』誌上で連載していた「官職講義」を増補・修正する形で1902年9月に明治書院から刊行された。

その後、和田は1911年唐名索引を加えた増版を出し、更なる改訂を考えていたが、関東大震災によって多くの史料と改訂の原稿を焼失し断念、1925年に最低限の改訂・増補を行った修訂版を刊行した。

和田の没後1983年所功校訂で、現代文表記に改め補注により一部訂正[1]し文庫刊行された。

和田は『令義解』や『官職秘抄』『職原鈔』『百寮訓要抄』『官制沿革略史』などの先行する法制・有職書をはじめ、六国史以下の歴史書、『源氏物語』『栄花物語』『平家物語』などの物語文学和歌集公家日記などを参考にして執筆しており、本文は簡便なるも引用史料は豊富で、現在もなお用いられている。また、記述の中心は律令官制をはじめとする平安時代の官制であるが、古代の官制や武家神職僧侶の官制についても解説されている。

脚注

  1. ^ 例えば、和田の時代に大宝令養老令の差異は認識されていなかったが、文庫の補注で、現存の令文のほとんどが、養老令のものであることからで大宝令から養老令に訂正されている。なお唐名索引は省略している。

参考文献

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
官職要解
Listen to this article

This browser is not supported by Wikiwand :(
Wikiwand requires a browser with modern capabilities in order to provide you with the best reading experience.
Please download and use one of the following browsers:

This article was just edited, click to reload
This article has been deleted on Wikipedia (Why?)

Back to homepage

Please click Add in the dialog above
Please click Allow in the top-left corner,
then click Install Now in the dialog
Please click Open in the download dialog,
then click Install
Please click the "Downloads" icon in the Safari toolbar, open the first download in the list,
then click Install
{{::$root.activation.text}}

Install Wikiwand

Install on Chrome Install on Firefox
Don't forget to rate us

Tell your friends about Wikiwand!

Gmail Facebook Twitter Link

Enjoying Wikiwand?

Tell your friends and spread the love:
Share on Gmail Share on Facebook Share on Twitter Share on Buffer

Our magic isn't perfect

You can help our automatic cover photo selection by reporting an unsuitable photo.

This photo is visually disturbing This photo is not a good choice

Thank you for helping!


Your input will affect cover photo selection, along with input from other users.