山岡元隣 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 山岡元隣.

山岡元隣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山岡 元隣(やまおか げんりん、寛永8年(1631年) - 寛文12年閏6月27日1672年8月19日))は、江戸時代前期の俳人仮名草子作者。本名は山岡新三郎、字は徳甫。別号、而慍斎・洛陽山人・抱甕斎。医名、玄水。

来歴

父祖は伊勢山田出身の商家で、京都下京六条通に住んだが、多病のため、漢学医術を修学して生涯を町医者として送った。明暦元年(1655年北村季吟に師事して俳諧和学に通じ、季吟編『俳諧合』の跋文や『水鏡抄』序文を執筆、『他我身の上』を脱稿する。寛文2年(1662年)序『身楽千句』、同年自跋『俳諧小式』が成立。寛文6年(1666年)に俳諧宗匠として独立し、北村季吟西山宗因の歌仙を集めた『歌仙ぞろへ』を編む[1]

作品

俳諧関連

  • 『身楽千句』(寛文2年(1662年)序)
  • 『俳諧小式』(寛文2年(1662年)自跋)
  • 『宝蔵』(寛文11年(1671年)成立)- 俳文の嚆矢と言われる。
  • 『諸国独吟集』(寛文12年(1672年)編)

仮名草子

  • 『他我身の上』
  • 『小巵』(寛文11年(1671年)刊)

注釈書類

  • 『世中百首註』(寛文7年(1667年)刊)
  • 『徒然草鉄槌増補』(寛文9年(1669年)刊)
  • 『随葉大全』(寛文10年(1670年)刊)
  • 『古今百物語評判』(貞享3年(1686年)刊)など

脚注

  1. ^ 岡本勝・雲英末雄 『新版近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、26頁。 
この項目は、文人(小説家・詩人・歌人・俳人・著作家・作詞家・脚本家・作家・劇作家・放送作家・随筆家/コラムニスト・文芸評論家)に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:文学/PJ作家)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
山岡元隣
Listen to this article