山本西武 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 山本西武.

山本西武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 西武(やまもと さいむ、1610年慶長15年) - 1682年4月19日天和2年3月12日))は、江戸時代前期の俳人。通称は九郎左衛門。京都生まれ。号は他に無外軒・風外軒・風外斎。

人物

生家は元神官で壬生に屋敷を持ち、数代居住したという[1]。西武自身は綿商人を営んだ[1]1616年(元和2年)、7歳にして松永貞徳の私塾に入り、1620年元和6年)から俳諧を始める[1]1629年寛永6年)、20歳にして俳諧の亭主を務め、初めての式正の会を執り行う[1]。貞徳から秘伝書を伝授され、1642年(寛永19年)『鷹筑波集』編集や式目書『久流留』を刊行するが、1653年承応2年)の貞徳死後、安原貞室と後継者を争った[1]。その後も貞門の古老として古風な俳風を守った[1]

没年は、1678年(延宝6年)説、1682年(天和2年)説、1685年(貞享2年)説など諸説あるが、『貞徳永代記』の記述から1682年(天和2年)が妥当とされる[1]。辞世「夜の明て花にひらくや浄土門」[2]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 日本古典文学大辞典編集委員会 『日本古典文学大辞典第3巻』 岩波書店、1984年6月、26-27頁。 
  2. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
この項目は、文人(小説家・詩人・歌人・俳人・著作家・作詞家・脚本家・作家・劇作家・放送作家・随筆家/コラムニスト・文芸評論家)に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:文学/PJ作家)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
山本西武
Listen to this article