山浦上杉家 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 山浦上杉家.

山浦上杉家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山浦上杉家(やまうらうえすぎけ)は、室町時代越後国に在った上杉氏の諸家のひとつ。名義の上では四条上杉家の分家であるが、血筋としては山内上杉家庶流である。のち、村上氏(源氏)、藤原氏より養子が入った。

概要

越後笹岡城を拠点とする。山内上杉憲方の子であった憲重が初代である。憲重は当初、兄の房方とともに四条上杉家の猶子となり、後に越後の白川荘山浦(現在の新潟県阿賀野市)に入って山浦を名乗った。その跡を、房方の子である頼方が継いだ。頼方は長尾邦景と争って敗退した(越後応永の大乱)。

やがて継嗣無く断絶したが、信濃から敗走してきた清和源氏村上氏国清女系ではあるが上杉重房の15代後裔[1])が、上杉輝虎によって山浦上杉家の相続を許されて山浦国清と名乗った(のちに謙信の後継者景勝の偏諱を受け、景国と改名)。定勝の時代になると藤原北家末流の四辻家から養子をとって、米沢藩に仕えた。

歴代当主

系図

脚注

  1. ^ 第一に、藤原清房足利頼氏室(上杉重房の妹または長女?)‐家時‐貞氏‐高義‐武田信武室‐信成‐信春‐小笠原長基室(上杉禅秀室の姉妹)‐長将‐持長‐清宗‐長朝‐貞朝‐長棟‐村上義清室‐山浦上杉国清
    また、上杉重房 - 頼重 - 足利貞氏室 - 尊氏 - 基氏 - 六角満高室 - 斯波満種室 - 持種 - 義敏 - 義寛 - 村上顕国室 - 義清 - 山浦上杉国清 という世系を辿ると13代後裔となる。
  2. ^ 越後上杉家・上杉房方の次男、憲重の甥。
  3. ^ 四辻公遠の子猪熊季光の次男、上杉定勝の生母・桂岩院の兄弟。
  4. ^ 米沢藩家老・色部久長の長男。

関連項目

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
山浦上杉家
Listen to this article