島田秀満 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 島田秀満.

島田秀満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 
島田秀満
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
改名 秀順(ひでより、初名)→秀満
別名 所之助、弥右衛門尉
官位 但馬
主君 織田信長
氏族 島田氏
テンプレートを表示

島田 秀満(しまだ ひでみつ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武士織田氏の家臣。

織田信長奉行として仕えた。弘治2年(1556年8月に信長の母・土田御前から末盛城に招かれ、織田信行の降参を村井貞勝と共に信長に伝える。天正2年(1571年4月25日に信長の命で東大寺八幡宮社人と大仏寺人の諸役を免除する。

秀満は兼見卿記吉田兼見著)の天正3年(1575年4月11日条に載ったのを最後に史料からは登場しなくなったため、この後、間もなく没したとされる。

関連項目

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
島田秀満
Listen to this article