cover image

巨人の肩の上にのる矮人」(きょじんのかたのうえにのるわいじん、ラテン語: nani gigantum umeris insidentes [1])という言葉は、西洋のメタファーであり、現代の解釈では、先人の積み重ねた発見に基づいて何かを発見することを指す。「巨人の肩の上に立つ」、「巨人の肩に座る」、「巨人の肩に登る」、「巨人の肩に乗る小人」、「巨人の肩に立つ侏儒」などの形でも使われる。科学者アイザック・ニュートンが1676年にロバート・フックに宛てた書簡で用いた、[2]

私がかなたを見渡せたのだとしたら、それは巨人の肩の上に乗っていたからです。(英語: If I have seen further it is by standing on yᵉ sholders of Giants.[3][注 1]

ギリシア神話の盲目の巨人オーリーオーンとその肩に付き従う奴隷ケーダリオーンプッサン、1658年)

という一節を通してよく知られている。このニュートンの手紙が原典だと信じられていることも多いが[4][5]、最初に用いたのは12世紀フランス哲学者シャルトルのベルナールとされる[6]