本居宣長

日本の国学者 (1730-1801) / ウィキペディア フリーな 百科事典

本居 宣長(もとおり のりなが、享保15年5月7日1730年6月21日) - 享和元年9月29日1801年11月5日))は、江戸時代国学者・文献学者・言語学者・医師。名は栄貞。本姓は平氏通称は、はじめ弥四郎、のち健蔵。は芝蘭、瞬庵、春庵。自宅の鈴屋すずのや[3]にて門人を集め講義をしたことから鈴屋大人すずのやのうしと呼ばれた。また、荷田春満賀茂真淵平田篤胤とともに「国学の四大人しうし」の一人とされる[4]伊勢松坂豪商・小津家の出身である。

Quick facts: 人物情報, 生誕, 死没, 居住, 配偶者...
本居宣長
本居宣長四十四歳自画自賛像
(部分) 安永2年(1773年)
人物情報
生誕 享保15年5月7日1730年6月21日
伊勢国松坂
死没 享和元年9月29日1801年11月5日
伊勢国松坂
居住 伊勢国松坂
配偶者 勝(かつ)
学問
時代 江戸時代中期 - 後期
研究分野 国学
文献学
特筆すべき概念もののあはれ
漢意
主要な作品古事記伝
源氏物語玉の小櫛
玉勝間
影響を
受けた人物
堀景山
荻生徂徠
契沖
賀茂真淵
影響を
与えた人物
平田篤胤
伴信友
長瀬真幸
千家俊信
塙保己一他多数
主な受賞歴正四位[1]従三位[2]
テンプレートを表示
Close