松木恒秀 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 松木恒秀.

松木恒秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この存命人物の記事には、出典が全くありません。 信頼できる情報源の提供に、ご協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2011年7月)
この記事は語句の内部リンク、見出しのマークアップなどスタイルマニュアルに沿った修正が必要です。ウィキペディアの体裁への修正にご協力ください(ヘルプ)。(2016年5月)

松木 恒秀(まつき つねひで Tsunehide Matsuki 1948年8月8日 - 2017年6月18日)は、日本のミュージシャン、ギタリスト作曲家編曲家プロデューサー

略歴

16歳からアマチュアバンドで活動、その後に自己のリーダーバンドThe Mを結成、後に田中清司のJr.Boysにも参加。

1968年に稲垣次郎ビッグソウルメディアに加入し新宿ピットイン出演、またスタジオミュージシャンとしても活動し数々のレコーディングに参加する。その後松木恒秀バンドを結成して六本木ピットインで活動。当時は坂本龍一等が在籍した。その後ソニーで『hymn to stiff』をレコーディング、同時期にプレイヤーズ、日野皓正バンド、ジョージ大塚マラカイボ、渡辺貞夫バンドにも参加。1970年代後半には大野雄二 You & The Explosion Bandとして『ルパン三世』、『大追跡』、『人間の証明』などのレコーディングに関わる。またトゥーツ・シールマンスサリナ・ジョーンズナンシー・ウィルソン山下達郎(『IT'S A POPPIN' TIME』)他数多くのミュージシャンと共演した。

2004年以降、高田みち子のスーパーバイザーとしてアレンジを務め『Night Buzz』他3枚のCDを制作。

2012年6月14日、ライブ中に倒れ活動休止するも、2015年12月ピットイン50周記念コンサートには元気な姿をみせた。

2016年には竹内まりやのアレンジを担当し村上秀一、高水健司、野力奏一のWhat is HIP? conclusionでレコーディング、またライブ等でも活動した。

2017年6月18日に死去したことがWhat is HIP?のオフィシャルFacebookで公表された。68歳没[1]

主な参加作品

ポップス

1973年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

  • タモリ『HOW ABOUT THIS』
  • テレサ・ジョネット『SPECIAL EFFECT』

1991年

1993年

1999年

2004年

2005年

  • 高田みち子『TALEA DREAM』

2008年

2014年

サウンド・トラック

1973年

1976年

1977年

1978年

1980年

1981年

脚注・出典

  1. ^ 名ギタリスト松木恒秀さん死去 山下達郎らと共演「今夜は最高!」出演など”. スポニチアネックス. スポーツニッポン. 2017年6月21日閲覧。

関連項目

この項目は、音楽家(演奏者・作詞家・作曲家・編曲家・バンドなど)に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:音楽/PJ:音楽)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
松木恒秀
Listen to this article