松村しのぶ - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 松村しのぶ.

松村しのぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松村 しのぶ(まつむら しのぶ、1962年 - )は、モデラー海洋堂原型師。動物や恐竜などのネイチャーフィギュアの第一人者。山口県下松市出身。

イラストレーターとして、動物図鑑などの挿絵の仕事をしていた。

来歴・人物

環境保護団体に所属していた時期には、イラストレーターとして動物のイラストで活躍していたが、海洋堂が恐竜のフィギュアを出していたことで、原型を持ち込み採用される。90年代には海洋生物の完成品フィギュア「AQUALAND」シリーズを中心に動物や恐竜などのレジンモデルの原型を手がけていた。海洋堂の恐竜モデルは世界的に認められ、1991年にニューヨーク自然史博物館の依頼で恐竜モデルを製作した。1999年から始まった「チョコエッグ日本の動物シリーズ」は種類の選考から造型、監修まで全て手がけ、食玩ブームを起こす。動物のフィギュアの他に特撮作品の怪獣大魔神エヴァンゲリオン初号機といったキャラクター物の原型も手がけるが、特に怪獣の場合は基本的に生物的にアレンジした造型である。尚、本人はフィギュアや模型業界について特に関心はなく「自然の中の物を世間に広めたいというアピール」であるとしている。

尚、造型において緻密さよりも「らしさ」を重視しているとしている(ただし、プロのイラストレーターとして、動物のイラストで活躍していた為、その知識に基づいたものでもある)。

作品

全て海洋堂製品の原型

など

イラストレーターとしての仕事

など

連載

テレビ出演

参考資料

この項目は、美術家・芸術家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:美術/PJ:美術)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
松村しのぶ
Listen to this article