桑山一重 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 桑山一重.

桑山一重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: "桑山一重" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2016年9月)
 
桑山一重
時代 安土桃山時代
生誕 弘治3年(1557年
死没 天正10年4月26日1582年5月28日
別名 九郎五郎
主君 豊臣秀長
氏族 桑山氏
父母 桑山重晴
兄弟 一重元晴貞晴
一晴一直
テンプレートを表示

桑山 一重(くわやま かずしげ)は、安土桃山時代武士。通称は九郎五郎。

略歴

豊臣秀長の重臣・桑山重晴の長男として誕生。子は桑山一晴(長男)、桑山一直(次男)。

父・重晴の家督を継ぐはずだったが、父に先立ち天正10年(1582年)、竹田城において26歳で早世した。父の家督は長男の一晴が継いだ。

この項目は、日本の歴史に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:日本/P:歴史/P:歴史学/PJ日本史)。
{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
桑山一重
Listen to this article