橋部敦子 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 橋部敦子.

橋部敦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2018年12月)

橋部 敦子(はしべ あつこ、1966年 - )は、日本のシナリオライター

橋部 敦子
プロフィール
誕生日 1966年
出身地 愛知県名古屋市
主な作品
テレビドラマ救命病棟24時
僕の生きる道
僕と彼女と彼女の生きる道
ファイト
僕の歩く道
Around40〜注文の多いオンナたち〜
フリーター、家を買う。
僕のいた時間
フラジャイル
A LIFE〜愛しき人〜
僕らは奇跡でできている
映画晴天の霹靂
テンプレートを表示

人物

愛知県名古屋市出身。名古屋市立桜台高等学校を経て学習院女子短期大学卒業後、証券会社に勤務。

その後、小劇場のダンサーをし、舞台で書いたシナリオを痛烈に批判されたため、これをきっかけにシナリオセンターへ通い、1993年に第6回フジテレビヤングシナリオ大賞で『喜びの葡萄』が佳作に選ばれる。

僕の生きる道』『僕と彼女と彼女の生きる道』『僕の歩く道』の、いわゆる僕シリーズ3部作がいずれもヒットし、名前が知られる。

脚本作品

ドラマ

映画

著書

  • Nakedbananas〜SMAPのがんばりましょう(田村章と共著、フジテレビ出版・扶桑社、1995年6月発売、ISBN 4594017630
  • 世にも奇妙な物語 小説の特別編 遺留品(角川ホラー文庫、勝栄・中村樹基・山内健司と共著。橋部は2002年秋の特別編で放送された「夜汽車の男」。)

脚注

外部リンク

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
橋部敦子
Listen to this article